マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

新マカオグランプリ博物館、まもなく参観予約受け付けスタート

観光2021/03/20 09:55

マカオ政府旅遊局(MGTO)は3月19日、大規模リノベーション及び拡張工事を進めてきたマカオグランプリ博物館(マカオ半島新口岸地区)を一部テストオープンした。

同日、プレス向け内覧会が行われたほか、マカオ各界・団体を招待しての内覧会を実施していくとのこと。また、4月以降は事前予約方式による一般の参観申し込みを受け付け、正式オープンに向けた館内環境及びサービス品質改善のための意見収集を行う予定とした。

テストオープン期間中の一般の参観予約はMGTOの特設サイト(eticket.macaotourism.gov.mo)から事前ネット予約方式での受け付けとなる。3月22日午前9時から4月分(毎週土・日曜日とパブリックホリデー)、5月分(休館日の火曜日を除く毎日)の受け付けがスタートするとのこと。開館時間は各日とも午前10時〜午後1時、午後3時〜午後6時の2部制(入館締切時間はそれぞれ1時間前まで)で、予約枠に上限を設け、受け付けは申し込み順。予約が完了すると、QRコードがメールで届き、参観当日に会場入口のチケットカウンターでそれを提示して入場券と引き換える方式を採用するとした。4月、5月のテストオープン期間中の入館料は、下記の通り。

・マカオ居民IDカード保有者:20マカオパタカ(日本円換算:約270円)/12歳以下、65歳以上、マカオ特別行政区学生証保有者、マカオ特別行政区ツアーガイド証保有者、障がい者とその同伴者1人は無料
・非マカオ居民:40マカオパタカ(約540円)/4〜12歳、65歳以上、国際学生証保有者、国際博物館協会会員証保有者、障がい者とその同伴者1人は20マカオパタカ/3歳以下は無料
*12歳以下は成人の同伴が必要

新マカオグランプリ博物館のレーシングカーの内部構造に関する展示(写真:MGTO)

新施設は4フロア構成で、延べ床面積は旧施設の6倍になっている。19日のプレス内覧会で公開されたのは、このうち2フロア分。マカオグランプリに出場したレーシングカー、優勝を飾ったレーシングカーやバイクの内部機構、著名なレーシングドライバーの紹介、マカオグランプリの歴史などが展示されていた。

また、VR技術を活用したレーシングカーやレーシングバイクに乗ってマカオグランプリのコースを走る疑似体験ができるシミュレーター、タイヤ交換やレーシングカーの風速を体験できるコーナー、レーシングドライバーのユニフォームを着て記念撮影できるコーナーも設置されており、インタラクティブ性が強化された印象だ。

マカオグランプリ博物館はマカオグランプリ開催40周年を記念し、1994年にマカオ半島新口岸地区のツーリズムアクティビティセンター内にオープン。2017年7月から大規模リノベーションのため休館が続いていた。

新マカオグランプリ博物館のレーシングカーに設置されたVRドライブシミュレーター(写真:MGTO)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年3月23日発刊 (4月号 vol.094」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース