マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのIR「スタジオ・シティ」に大型レジャープール「ウォーター・パーク」オープンへ

観光2021/04/09 18:40

 マカオ・コタイ地区にある大型IR「スタジオ・シティ マカオ(Studio City Macau)」運営会社は4月9日、大型レジャープール施設「スタジオ・シティ・ウォーターパーク」を5月22日にオープンすると発表。

 高さ20メートルの5コースを備えるウォーター・スライダー、3分毎に1.8トンの水を撒き散らす巨大バケツ、川下りアドベンチャー気分を味わえる総延長450メートルの流れるプールなどが目玉アクティビティとのこと。キッズ向けエリアも用意され、ファミリーで楽しめる施設になっているという。

 料金はワンデーパス(1日券)が388マカオパタカ(日本円換算:約5300円)、営業期間中(オープン初日から10月末まで、ブラックアウトデイあり)何度でも入場できるシーズンパスが1088マカオパタカ(約1万5000円)。メルコ・リゾーツが運営する複数のホテルの宿泊とセットになったパッケージも用意されるとのこと。

 南国マカオの夏は長く、概ね5〜10月頃が遊泳に適した気候となる。マカオの新しい観光アトラクションとして注目を集めそうだ。

 スタジオ・シティ マカオは2015年10月開業。2つのホテル棟の間に世界初の「8の字」観覧車を設置したことで注目を集めた。現在、第2フェーズ拡張工事が進められている。

「スタジオ・シティ・ウォーターパーク」俯瞰イメージ(写真:Studio City Macau)


「スタジオ・シティ・ウォーターパーク」の目玉アトラクションの1つとなるウォーター・スライダー(写真:Studio City Macau)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年1月24日発刊 (2月号 vol.104」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース