マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ歴史市街地区に巨大金龍舞う…春節祝賀イベント3年ぶり開催

観光2022/02/01 17:37

 マカオでは、2月1日に春節(農歴新年)を迎えた。

 マカオ政府旅遊局(MGTO)は同日午前、春節恒例の祝賀イベント「金龍パレード」をユネスコ世界文化遺産リストに登録されている建物や広場が密集するマカオ半島の歴史市街地区一帯で開催。名物の長さ238メートルの巨大金龍や勇壮かつ華麗なライオンダンス、干支の虎をモチーフにしたキャラクター、マカオ観光大使キャラクター「麥麥(マクマク)」らが聖ポール天主堂跡、セナド広場といったユネスコ世界文化遺産リストに登録されている主要観光名所を巡り、東洋と西洋の文化が交差するマカオならではの春節ムードを演出した。

 マカオ政府主催の春節祝賀イベントは、新型コロナ防疫対策の一環で2020年、2021年と2年連続で中止となっており、実に3年ぶりの開催となる。2月3日夜には、同じく3年ぶりに電飾を施した華やかな山車が市街地を巡る新春パレードとマカオタワー前海上で花火大会の開催が予定されている。

 マカオでは、1月31日まで114日連続で新型コロナ市中感染確認例ゼロを維持。目下、厳格な水際措置が講じられているが、中国本土との間については隔離検疫免除(条件付き)での相互往来が再開しており、MGTOは春節ホリデー期間中は中国本土からの旅客を中心に1日およそ2万人のインバウンドが見込まれるとしている。

世界遺産・セナド広場を巡る巨大金龍=2021年2月1日(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年5月25日発刊 (6月号 vol.108」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース