マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

MGMチャイナ好調、中期純利25億香港ドル

産業・経済2013/08/07 09:00

MGMチャイナは8月6日、今年中期の業績を発表。VIPクラブとマスゲーミングの掛け金総額がこれまでの記録を更新、売上は前年比12%増となる過去最高の123億香港ドル(日本円換算:約1,544億円)だった。調整後EBITDAは同10%増の32億香港ドル(同402億円)、税前利益は25億香港ドル(同314億円)、中間配当は23セント。

マスゲーミングフロアが好調。ベット金額で前年同期比9%増、利益は前年から28%増えた。カジノテーブルマネジメントシステムの導入、ハイエンド顧客に特化した戦略が奏功した。スロットのベット額も19%増。同社では今年第3季に高額スロット機の増設及びラスベガスカジノルームのオープンを予定している。

また、VIPカジノのローリングチップ数でも開業以来最高を記録し、前年同期比24%増。今年4月にVIPフロアの拡張と新規ジャンケット業者の誘致したことが要因。

MGMチャイナのマス及びVIPゲーミング市場における占有率は成長を続けており、第2季のマスゲーミングカジノ売上ではマカオ半島首位となった。スロット機による売上でも単一施設としてはトップ。整体市場占有率は約10%を維持。

なお、ホテル客室稼働率は97.9%、1客室あたり平均売上(REVPAR)は2,081香港ドル。

コタイ地区プロジェクトは2016年上半期の開業を目指すとし、ラスベガスで展開する超豪華ヴィラの導入も予定しているという。

MGMコタイプロジェクト完成予想図 (c) MGM China Holdings Limited

MGMコタイプロジェクト完成予想図 (c) MGM China Holdings Limited

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年5月25日発刊 (6月号 vol.084」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース