マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、次期カジノライセンスの競争入札が明日スタート…最大6枚、最長10年間

カジノ2022/07/28 19:29

 マカオの次期カジノ経営コンセッション(カジノライセンス)の競争入札が明日(7月29日)からスタートする。入札期間は48日間で、締切日は9月14日。

 コンセッション期間は最長10年、ライセンスは最大6枚となっている。

 当局は選定基準について、(中国本土以外の)海外からの誘客計画、運営経験、マカオ経済にメリットをもたらすカジノ及び非カジノプロジェクトへの投資計画、カジノ施設内における違法行為に対する監視・予防策、社会的責任の履行のほか、(再入札に向け改正を行った)ゲーミング法に規定された国家安全要件との符合を考慮するとした。

 カジノ経営コンセッション競争入札委員会主席の張永春マカオ政府行政法務庁長官は7月28日午後の会見で、マカオ経済を支える産業を健全に発展させるため(現行ライセンスの延長ではなく)再入札を行うとし、非カジノ要素及び海外客の開拓を重要評価基準とすることでマカオ経済の多元化につながるほかり、事業者はマカオローカルの就業市場の安定と昇進機会の保証といった一層の社会的責任を果たすことが求められると述べた。なお、基準を満たさない場合、必ずしも6枚のライセンスすべてを付与するわけではないとの考えを示した。

 委員会では、審査を経て年内にも事業者を確定し、来年(2023年)1月1日から新ライセンス下でのカジノ運営に移行できる見込みとしている。

 現在カジノライセンスを持つのは6つの事業者で、今年12月末に契約期間が満期を迎えるが、いずれも次期ライセンスの入札へ参加する意向を示している。

マカオカジノ経営コンセッション競争入札委員会による会見の様子。右から2人目の登壇者が張永春主席=2022年7月28日(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年7月26日発刊 (8月号 vol.110」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース