マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノ

マカオ、19年8月のカジノ売上8.6%減の約3178億円…2ヶ月連続対前年マイナス=1〜8月累計1.9%減の約2兆5964億円

2019/09/01 13:01

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影
 マカオ政府博彩監察協調局は9月1日、今年(2019年)8月のマカオの月次カジノ売上について、前年同月から8.6%、前月から0.8%のそれぞれ減となる242.62億マカオパタカ(日本円換算:約3178億円)だったとする最新統計を公表した。

>> 続きを読む

KONAMIのカジノ向け競馬ゲームマシンがマカオの大型IR「MGMコタイ」で稼働…マカオ3施設目の導入例

2019/08/27 13:50

コナミ・オーストラリア社が開発したカジノ向け競馬ゲーム機「Fortune Cup」(写真:Asia Pioneer Entertainment Holdings Limited)
 マカオの電子カジノゲーム機サプライヤー、アジア・パイオニア・エンターテインメント・ホールディングス(以下、APA)は8月27日、コナミ・オーストラリア社が開発したカジノ向け競馬ゲームマシン「Fortune Cup(中国語タイトル:運財賽馬)」が8月下旬からマカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「MGMコタイ」で正式に稼働を開始したと発表。

>> 続きを読む

マカオ、19年第2四半期のゲーミング(カジノ)業従事者数5万7840人…対前年2.8%増=平均月給は3.8%増の約32.3万円

2019/08/22 18:55

マカオのカジノ(写真はイメージ)—本紙撮影
 マカオは面積約32平方キロ、人口約67万人というコンパクトサイズの街だが、およそ40軒のカジノ施設が軒を連ねるほか、競馬、サッカー及びバスケットボールを対象としたスポーツくじ、ロトといった各種合法ギャンブルも存在し、政府とコンセッション(経営権契約)を結ぶ民間事業者によって運営されている。

>> 続きを読む

マカオの19年1〜7月累計カジノ税収2.3%増の約8788億円…歳入の9割弱占める=年度進捗率は68.4%

2019/08/16 15:35

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2018年2月ー本紙撮影
マカオ政府財政局が8月15日付で公表した最新の財政収支データによれば、今年(2019年)1〜7月累計の歳入は前年の同じ時期から1.4%増の770億3669.8万マカオパタカ(日本円換算:約1兆0073億円)で、年度(1〜12月)予算執行率は65.7%だった。

>> 続きを読む

マカオカジノ運営6陣営の19年上半期業績出揃う…純利益合計約3000億円

2019/08/14 18:41

2019年第2四半期及び上半期業績発表記者会見に臨むGEG社の経営陣=2019年8月13日、コンラッド香港にて本紙撮影
マカオ政府でギャンブル監理を担当する博彩監察協調局(DICJ)の資料によれば、今年上半期(2019年1〜6月)のカジノ売上は前年の同じ時期から0.5%減の1495億0300万マカオパタカ(日本円換算:約1兆9588億円)で、VIPルームによる売上を反映するVIPバカラ売上が14.5%減の718.24億マカオパタカ(約9410億円)、カジノ売上に占めるVIPの割合は7.9ポイント下落の48.0%にとどまった。業界内でVIPからマス(平場)シフトが進んだことを如実に表している。

>> 続きを読む

マカオ、19年7月のカジノ売上3.5%減の3283億円…3ヶ月ぶり対前年マイナス=1〜7月累計0.9%減の2兆3352億円

2019/08/01 13:49

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影
マカオ政府博彩監察協調局は8月1日、今年(2019年)7月のマカオの月次カジノ売上について、前年同月から3.5%減、前月から2.7%増となる244.53億マカオパタカ(日本円換算:約3283億円)だったとする最新統計を公表した。

>> 続きを読む

マカオの19年1〜6月累計カジノ税収1.8%増の約7842億円…歳入の約9割占める=年度進捗率は59.2%

2019/07/29 11:13

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2018年2月ー本紙撮影
このほどマカオ政府財政局が公表した最新の財政収支データによれば、今年(2019年)1〜6月累計の歳入は前年の同じ時期から2.3%増の660億6519.6万マカオパタカ(日本円換算:約8903億円)で、年度(1〜12月)予算執行率は56.3%となった。

>> 続きを読む

マカオギャンブル監理当局、カジノ仲介業者営業拠点へ抜き打ち検査実施

2019/07/19 21:00

マカオギャンブル監理当局DICJによるカジノ仲介業者のカジノ施設における営業拠点に対する立入検査の様子(写真:DICJ)
マカオ政府でギャンブル監理を担当する博彩監察協調局(DICJ)は7月19日、7月に入って以降、カジノ仲介業者(ジャンケットプロモーター)のカジノ施設における営業拠点(VIPルーム)に対し、抜き打ちの立入検査を複数回にわたって実施したと発表。業界への監督強化が狙いとのこと。

>> 続きを読む

マカオ、カジノ売上に占めるVIPルーム比率の過半数割れ続く…19年第2四半期47.2%=平場は対前年2桁増

2019/07/17 08:48

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影
豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノ施設ばかりが目立つが、実はマカオには競馬、サッカー及びバスケットボールを対象としたスポーツくじ、ロトといった各種合法ギャンブルも存在し、政府とコンセッション(経営権契約)を結ぶ民間事業者によって運営されている。

>> 続きを読む

マカオカジノ仲介業大手サンシティグループが会見…マカオの法律を遵守した経営姿勢を強調

2019/07/13 19:03

サンシティグループが開催した記者会見。写真左がCEOのアルヴァン・チャウ氏=2019年7月13日、マンダリンオリエンタルマカオにて本紙撮影
マカオを本拠地とするカジノ仲介業大手のサンシティグループが7月13日午後、マカオで記者会見を開催。先に中国メディアが同社によるオンラインゲーミング事業への関与などを報じた件について回答した。

>> 続きを読む

2 / 8412345...最後 »

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 9月25日発刊 (10月号 vol.076」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース