マカオ外港フェリーターミナルの公共路線バス乗り場が移転

(2018/04/26 10:14 配信)

観光

マカオ政府交通事務局(DSAT)は4月25日、同月28日の始発からマカオ外港フェリーターミナル前の公共路線バス乗り場を移転すると発表した。

新しい公共路線バス乗り場はターミナルビルを出て左側に進んだ先で、従来の乗り場から120メートルほど離れた場所。深夜バスも含めて15路線が乗り入れる。

今回の移転に伴い、ポルトガル語の停留所名が「TERMINAL MARÍTIMO DE PASSAGEIROS DO PORTO EXTERIOR」、英語名が「OUTER HARBOUR FERRY TERMINAL」にそれぞれ変更となるが、中国語名は「外港碼頭」で変わらない。

マカオの公共路線バスをめぐっては、同月21日におよそ10年ぶりとなる運賃改定が実施されたばかり。

マカオ外港フェリーターミナル前の新しい公共路線バス乗り場(写真:DSAT)

マカオ外港フェリーターミナル前の新しい公共路線バス乗り場(写真:DSAT)

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載