マカオ当局、港珠澳大橋経由で香港との間を結ぶシャトルバスの乗客らに新型コロナウイルス陰性証明の提示を必須化

(2020/07/13 11:54 配信)

珠江デルタ

 マカオ政府新型コロナウイルス感染症対策センターは7月13日、同日正午から港珠澳大橋経由で香港との間を結ぶシャトルバス(いわゆる「金巴」)について、香港からマカオへ向かう乗客に対して7日以内に発出された新型コロナウイルス核酸検査の陰性証明の提示を必須化すると発表。

 近日、香港では新型コロナの市中感染例が多数確認されており、予断を許さない状況となっている。一方、マカオでは100日以上に渡って輸入関連性症例の確認がなく、状況は落ち着いている。

 このほか、12日夜にはマカオのタイパフェリーターミナルと香港国際空港を結ぶ高速船の特別便についても、14日午前6時以降にマカオから香港国際空港へ向かう乗客に対して7日以内に発出された新型コロナウイルス核酸検査の陰性証明の提示を必須化すると発表している。高速船は約1ヶ月の期間限定で特別運航するもので、16日までの運航予定。

 同センターでは、陰性証明書の提出を必須化した理由について、シャトルバス及び高速船の同乗者と運行(運航)スタッフの安全を保障するためとしている。

車体の色から金巴(ゴールドバス)と呼ばれる港珠澳大橋シャトルバス(資料)–本紙撮影

珠江デルタ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載