マカオ政府、2020年度予算を3度目調整へ…カジノ税収回復見込み財政準備切り崩し規模は事前想定から縮小

(2020/11/20 20:26 配信)

産業・経済

 マカオ政府経済財政庁の李偉農長官は11月20日に囲み取材に応じた際、2020年財政年度予算案の修正に関する手続きを進めることを明らかにした。

 コロナ禍で主要財源のカジノ税収が激減した上、防疫及び経済対策費用が生じる中、2020年度予算の調整はこれで3度目となる。

 今回の修正案には、財政準備の超額準備分から81.57億マカオパタカ(日本円換算:約1060億円)を切り崩し、補填する内容が含まれる。当初、政府は200億マカオパタカ規模の切り崩しを想定していたが、李長官によれば、9月末までに中国本土との間で往来制限が緩和されて以降、カジノ売上の回復が明確となったこと、公共部門におけるコスト削減を進めたことで、数字を見直したとのこと。また、今年度予算の調整は今回が最後になるとの見通しを示した。

 なお、今年度すでに財政準備から425.98億マカオパタカ(約5537億円)を切り崩し済み。

囲み取材に応じるマカオ政府経済財政庁の李偉農長官=2020年11月20日、マカオ立法会ビル(写真:GCS)

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載