マカオのIR「グランドリスボアパレス」に日本風居酒屋がオープンへ

(2021/09/15 19:08 配信)

観光

 マカオ・コタイ地区に今年(2021年)7月末に部分開業したばかりの新IR施設(統合型リゾート)グランドリスボアパレス(澳門上葡京綜合度假村)内に、今月(9月)2軒の飲食店が相次ぎオープンするという。

 まず、9月22日に日本風居酒屋「谷六(KULU KULU)居酒屋」がオープン予定。コンテンポラリーな和をイメージしたインテリアが特徴的で、メニューには炉端焼、寿司、ラーメン、天ぷらなどをラインナップ。

 続いて、30日にはスリー・イン・ワンをデザインコンセプトとした「紅盤(Red Bowl)がオープン予定で、湖南・四川料理、麻辣(スパイシー)火鍋、中国の銘茶を提供するとのこと。

 加えて、すでに開業済みのコンテンポラリーポルトガル料理店「Mesa」が9月30日からランチタイムの営業をスタート予定としている。

 このほか、今後数ヶ月の間に香港の著名インテリアデザイナー、アラン・チャン氏の設計による宮廷式の高級広東料理店、輝かしいオールド上海を再現したエレガントな上海料理店、イタリアのミシュラン店も続々オープン予定という。

グランドリスボアパレスにオープン予定の日本風居酒屋「谷六居酒屋」の外観イメージ(写真:Grand Lisboa Palace)


グランドリスボアパレスにオープン予定の日本風居酒屋「谷六居酒屋」の料理イメージ(写真:Grand Lisboa Palace)

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載