マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノ低迷長期化のマカオ、GDPマイナス25%=今年1〜9月期

産業・経済2015/11/30 18:26

マカオ政府統計調査局は11月30日、今年(2015年)第3四半期(7〜9月)の域内総生産(GDP)を公表。実質GDPはマイナス24.2%となり、第2四半期に記録したマイナス26.4%から2.4ポイント良化した。

今年1〜9月期ではマイナス25.0%、また、昨年第3四半期以降、5四半期連続のマイナスとなる。

同局では、GDPが縮小した主要因としてサービス輸出の大幅減を挙げている。特に、ゲーミング(カジノ)サービス輸出の前年同期比37.4%減、その他ツーリズムサービス輸出の15.3%減が目立った。内需についても成長鈍化が見受けられ、わずか0.7%の増にとどまっている。

カジノ税がマカオ政府の歳入の約8割(2014年実績)を占めるなど、ゲーミング(カジノ)産業はマカオ経済の屋台骨といえる存在。マカオ全体の月次カジノ売上は、昨年6月から今年10月まで17ヶ月連続で前年割れ、今年1〜10月の累計でも35.5%減となっており、低迷が長期化の様相を呈している。マカオのカジノ売上減の理由として、中国本土富裕層を中心としたハイローラーと呼ばれるVIPカジノ客の流出が指摘されている。

マカオの大型IR(統合型リゾート)集積エリア、コタイ地区の夜景(資料)=2015年3月(写真:GCS)

マカオの大型IR(統合型リゾート)集積エリア、コタイ地区の夜景(資料)=2015年3月(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース