マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

米カジノ大手ウィンリゾーツのマカオ部門が減収減益…VIPルームの不振響く=16年第1四半期業績

カジノ05/07 10:38

米国ラスベガスに本拠地を置く国際カジノ大手ウィンリゾーツは5月6日(米ラスベガス時間)、今年第1四半期(2016年1〜3月期)の業績を公表した。

マカオのカジノ市場、特にVIPルームの不振が続く中、マカオ事業部門の第1四半期の売上高は前年同期比(以下同)13.8%減の6.082億米ドル(日本円換算:約651億円)、調整後プロパティEBITDAは9.9%減の1.912億米ドル(約205億円)、純利益は26.6%減の8189万米ドル(約88億円)となった。

第1四半期のVIPルームのローリングチップ売上は21.4%減の134.7億米ドル(約1兆4428億円)、マスゲーミングフロアのベット金額は5.6%減の12.1億米ドル(約1296億円)、スロットマシンのベット金額は5.5%増の11.0億米ドル(約1178億円)。なお、VIPルームの第1四半期の各月末における平均ゲーミングテーブル数は63台減の189台となっている。

また、ノンゲーミング(非カジノ)売上(プロモーション参入前)についても13.2%減の7670万米ドル(約82億円)にとどまった。

第1四半期のマカオ全体の累計カジノ売上は13.3%減の561.76億パタカ(約7528億円)となっており、今回ウィンリゾーツのマカオ事業部門の売上減収幅とほぼ一致する。

同社がマカオ・コタイ地区で開発を進める新規大型カジノIR(統合型リゾート)ウィンパレスの開業予定時期については、今年第3四半期とした。プロジェクト総予算は約42億米ドル(約4499億円)で、第1四半期末までの累計投資額は37億米ドル(約3963億円)に達しているとのこと。

ウィンマカオ(資料)=マカオ・新口岸地区、2015年4月—本紙撮影

ウィンマカオ(資料)=マカオ・新口岸地区、2015年4月—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年10月26日発刊 (11月号 vol.065」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース