マカオ半島とタイパを結ぶ第4跨海ルート、年内にも建設方式決定へ=海底トンネル案が有力

現在、3本の橋で結ばれているマカオ半島とタイパ島の跨海ルートに、第4の新ルート(澳氹第四條跨海通道)を建設する計画について、年内にも建設方式が決定する見通し。

新興住宅街にあたるタイパ島の人口増、コタイ地区の再開発の進展により、マカオ半島とタイパ島の間の往来需要が増大している。

マカオの政府系放送局TDMが9月17日朝のラジオニュースで報じた内容によると、政府土地工務運輸局は複数の建設方式による計画案を用意し、広く各界の意見を収集した上で年内にも正式決定したい意向を示したという。

なお、「第4ルート」はマカオ半島東部沖合に造成中の埋立地とタイパフェリーターミナルやマカオ国際空港に近い北安(パクオン)地区を結ぶ海底トンネル案が有力視されているが、橋と比較して高額となる見通しの建設費用や技術面の課題も指摘されている。一方、橋についても台風などの悪天候時の対応や、船舶の航行ルート、マカオ国際空港の管制上の問題などが挙げられている。

手前がマカオ半島、奥がタイパ島(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

手前がマカオ半島、奥がタイパ島(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は5月21日、今年(2024年)3月上旬にマカオ・コタイ地区の統合型リゾート(I…
  2.  マカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6陣営の一角にあたるSJMホールディングス社(香港…
  3.  マカオ治安警察局は5月20日、マカオのホテル客室宿泊券を転売して客から金銭を騙し取ったとして40…
  4.  近年、マカオ政府文化局(ICM)では、先人の知識と知恵を広く伝え、文化交流の促進につなげたるため…
  5.  マカオ政府統計・センサス局は5月21日、今年第1四半期(2024年1〜3月)の金融業人材需給及び…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun