マカオカジノ大手がポーカー専門コーナー新設=バカラ全盛も市場低迷で多様化模索か

カジノのテーブルゲームは複数存在するが、中国人ギャンブラーの間では駆け引き要素がなく、結果は運次第、勝負も早いバカラが圧倒的な人気を誇る。彼らを主要ターゲットするマカオのカジノでは、フロアの大半をバカラテーブルが占める。

マカオ政府のカジノ監理部門、博彩監察協調局(略称:DICJ)の統計資料をみると、今年(2015年)上半期のマカオのカジノ売上1216.45億パタカ(日本円換算:1兆8425億円)のうち、実に88.9%がバカラゲームによるものだ。

まさに、バカラ全盛といえる状況だが、マカオでカジノ経営ライセンスを保有する6陣営の一角、ギャラクシーエンターテインメントグループは9月17日、同社の旗艦IR(統合型リゾート)施設、ギャラクシーマカオのメインカジノフロアに、ポーカー専門コーナー「パビリオン・ポーカー・ルーム(中国語表記:名人撲克)」を新たに開設した。

同社によると、複数のプロモーションとジャックポットを毎日提供するポーカーに特化した常設コーナーはマカオのカジノでは初の試みになるとのこと。

なお、マカオ全体の月次カジノ売上は、昨年6月から今年8月まで15ヶ月連続で前年割れとなっており、低迷が長期化の様相を呈している。今年1〜8月の累計カジノ売上は1588.82億パタカ(約2兆4065億円)で、前年同期比36.5%減。マカオのカジノ売上減の理由として、中国本土富裕層を中心としたハイローラーと呼ばれるVIPカジノ客の流出が指摘されている。

一方、マス(平場)は比較的安定しており、今年7月には、単月カジノ売上で初めてマスがVIPルームを上回った。市場の変化は一時的なものではなく、今後もマスへのシフトがさらに進むとみられることから、より幅広い集客を実現するため、今回のギャラクシーエンターテイメントグループのような、バカラ以外のゲームの充実を図るといった多様化を模索する動きが活発化することも予想される。

ギャラクシーマカオカジノ(第2期拡張部)のマスゲーミングフロア(資料)—本紙撮影

ギャラクシーマカオカジノ(第2期拡張部)のマスゲーミングフロア(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  中国共産党中央香港マカオ工作弁公室主任で、中国政府の香港マカオ政策担当部門にあたる国務院香港マカ…
  2.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して…
  3.  マカオ政府交通事務局は5月17日、同月16日未明にタクシー助手席でのシートベルト着用をめぐるトラ…
  4.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して…
  5.  マカオ司法警察局は5月17日、同月16日にコタイ地区のカジノ施設にあるVIPルームを対象に実施し…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun