香港の洋上クルージング船、ZANNグループが日本進出を計画=母港は福岡が有力か?

年間およそ100万人の日本人観光客が訪れる香港。名所めぐり、ショッピング、グルメ、マッサージなど、滞在中のアクティビティも選択肢豊富だが、カジノを楽しみたいという場合には、香港から船で1時間の距離にあるマカオへ遠征するというのが一般的だ。

香港にはカジノがないというイメージをお持ちの方も多いはず。実は、記者もそれが当たり前だと思っていたのだが、香港を発着する1泊2日のエンターテイメントクルーズ船なるものが存在することがわかった。実際のところ、香港の陸地にカジノが存在しないが、洋上にはあるというのが現状のようだ。

大型カジノクルーズ船オリエンタルドラゴン号—本紙撮影

大型カジノクルーズ船オリエンタルドラゴン号—本紙撮影

一体、香港を発着する1泊2日のエンターテイメントクルーズ船というのはどのようなものなのか、記者がこの土日に乗船取材を行った。今回取材したのはオリエンタルドラゴン(東方神龍)号という大型クルーズ船。香港・尖沙咀を土曜日の夕方に出発し、日曜日の朝に同じ場所に戻るというスケジュールで、週末だけでなく毎日運航しているとのこと。

オリエンタルドラゴン号は、客室数208、収容人数600人を誇り、船内にはカジノ、レストラン、ナイトクラブ、スパ、カラオケ、ショップ、屋外デッキにはスイミングプールやヘリポートまで備えられている。マカオの中規模カジノホテル以上の規模を誇る。また、この船の7階部分の和のカジノはZANN CORPORATION(本社:米国ネバダ州ラスベガス)・日本法人が企画デザイン運営しているという。

注目すべきは、やはりカジノの存在だろう。乗船後、すぐにカジノを目指したが、入口でまだ営業していないと告げられた。スタッフの説明によると、公海上に出ている時間のみ営業するとのこと。ビュッフェ形式のレストランで夕食を済ませ、ナイトクラブで歌謡ショーを観賞した後、客室で待機していると、午後10時頃になってカジノオープンを知らせる船内アナウンスが聞こえてきた。

この船には、ナイトクラブ内にスロットマシンコーナー、6階と7階にゲーミングテーブルを配した本格的なカジノが併設されていた。6階はいわゆる平場にあたるマスゲーミングフロア、7階はZANNカジノと名付けられた高級感漂うVIPフロアだ。テーブルの台数は6階が約20台、7階が10台で、いずれもゲームの種類はバカラが大半だが、シックボウ(大小)のテーブルもあった。平場のカジノではテーブルの周りに何重もの人だかりができ、空席を見つけるのが難しいほどの混雑だった。ZANN CORPORATION・日本法人東京本部の関係者によると、洋上はプライベートな時間が確保ででき、特別な会議や商談に最適とのこと。カジノは船が公海上にいるおよそ6~8時間程度オープンするという。同社では、7階のZANNカジノについて、和をコンセプトにしたリノベーションを行い、ソフトオープンしたばかりとのこと。今後、船内レストランでの日本食提供などを含むサービス拡充を進め、日本人を中心としたアジアVIPゲストの誘致を図りたい考えという。今回、レストランでは、東京に店舗を持つ越後へぎ蕎麦・一真が乗船客らに蕎麦を提供し、大好評を得ていたのが印象的だった。レストランの隅で乗客の反応を眺めていた一真の吉原社長は「香港のカジノクルーズ船で、へぎ蕎麦を提供できるとは夢にも思わなかった。アジアの皆様に喜んでいただけて嬉しい」と笑みを浮かべながら語った。同社は今後ZANNグループと組んでアジア展開を計画しているといい、すでに香港、マカオ、インドネシアで出店が決まっているという。

7階にある和をコンセプトにしたZANNカジノ—本紙撮影

7階にある和をコンセプトにしたZANNカジノ—本紙撮影

ちなみに、クルーズ船の乗船料は、一般客室利用の場合で、1人あたりおよそ4万円〜。レストランでの夕食、夜食、朝食ビュッフェは料金に含まれる。昨今、香港のホテルは値段も高止まりしていることから、それほど高い金額設定ではないと感じた。今回は土日だったことから、カジノ目当ての中国人観光客が多く乗り込み、ほぼ満室状態だった。夕方仕事を終えた後に乗船し、翌朝出勤前に下船することができるため、平日はホテル代わりに利用するビジネス客もいるそうだ。

こういった1泊2日のエンターテイメントクルーズ船は、世界的にも珍しいビジネスモデルといえる。ZANN CORPORATION・日本法人福岡支部の関係者に話を聞くと、今後、ZANNグループ独自として香港のクルーズ船で得たノウハウを日本や東南アジアにも持ち込みたいとし、すでに複数のエンターテイメントクルーズ船の手配や法律上の手続きといった具体的な準備も進めているとのこと。今後は、シンガポール、インドネシアで就航予定とし、日本を拠点とした1泊2日のエンターテイメントクルーズ船についても、日本各地から問い合わせがあるが、福岡・博多港を母港とする案が有力で、早ければ来年(2016年)春頃にもデビューさせる計画。その他の就航地についても業種を問わずパートナーを模索しながら選定を進めたい考えという。

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6陣営の一角にあたるSJMホールディングス社(香港…
  2.  マカオ治安警察局は5月20日、マカオのホテル客室宿泊券を転売して客から金銭を騙し取ったとして40…
  3.  近年、マカオ政府文化局(ICM)では、先人の知識と知恵を広く伝え、文化交流の促進につなげたるため…
  4.  マカオ政府統計・センサス局は5月21日、今年第1四半期(2024年1〜3月)の金融業人材需給及び…
  5.  マカオ政府民航局(AACM)は5月21日、前夜マカオ外港フェリーターミナル併設のヘリポートで危機…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun