マカオ、国慶節連休最初の3日間の出入境人数151万人に…前年同期比4%増

マカオ治安警察局は10月4日、国慶節ゴールデンウィーク最初の3日間にあたる10月1日から3日までの出入境人数統計を公表した。

3日間のマカオの各イミグレーションの出入境人数は前年の同じ時期を約4%上回る約151万人(延べ、以下同)で、このうち訪マカオ旅客に限ると6.9%増の74万人に上った。

最も出入境人数が多かったのは10月3日で、マカオと中国本土を結ぶ最大の玄関口となる關閘イミグレーション施設の出入境人数は40.2万人だったとのこと。国慶節ゴールデンウィークは週末まで続くことから、週末に再度出入境のピークを迎えると予想される。

マカオは面積約30平方キロ(山手線の内側の半分)、人口約65万人という小さな地域だが、マカオの年間カジノ売上は世界最大を誇り、海外(中国本土、香港、台湾を含む)から年間およそ3000万人が訪れるアジア有数の観光都市として知られる。

關閘イミグレーション周辺で秩序維持にあたる警察官(写真:マカオ治安警察局)

關閘イミグレーション周辺で秩序維持にあたる警察官(写真:マカオ治安警察局)

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ政府金融管理局は12月5日、今年(2023年)10月の貨幣・金融統計を公表。内容のサマリー…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の海洋駅から西湾大橋を通ってマカオ半島…
  3.  マカオでは、今年(2023年)10月以降、アフリカなどからの経由便を利用して空路マカオに到着した…
  4.  マカオ政府衛生局(SSM)は12月4日、2003年の献血者アワード授賞式を開催した際、マカオにお…
  5.  マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社は12月4日、テンセントビデ…

ピックアップ記事

  1.  マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典「マカオグランプリ」。1954年にスタートした歴…
  2.  マカオ航空日本支社の発表によれば、現在成田路線を週4便(火・木・土・日曜)で運航しているが、今年…
  3.  マカオでは、2019年12月に初の軌道系大量輸送機関として新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌…
  4.  12月3日午後4時頃、マカオタワーでバンジージャンプを終えたばかりの日本人男性(56)が息切れの…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年12月号
(vol.126)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun