マカオ、19年7月のインバウンド旅客数約353万人…対前年16.3%増=1〜7月累計も20.0%増、港珠澳大橋開通追い風

 近年、訪マカオ旅客数は安定的な右肩上がりで推移している。また、昨年(2018年)10月24日に港珠澳大橋が開通して以降、明確な旅客増加傾向が確認されている。

 マカオ政府統計調査局は8月21日、今年(2019年)7月の訪マカオ外客数(インバウンド旅客数)統計を公表。月次のインバウンド旅客数は前年同月から16.3%増の353万0233人(延べ、以下同)だった。

 今年7月のインバウンド旅客全体のうち、宿泊を伴う旅客は前年同月から4.7%増の171万4484人、日帰り旅客は29.9%の大幅増となる181万5749人。日帰り旅客が全体に占める割合が5.4ポイント上昇の51.4%に達したことから、旅客の平均滞在時間は0.1日短い1.2日となり、宿泊を伴う旅客と日帰り旅客はそれぞれ横ばいの2.2日、0.2日だった。

 国・地域別で最多だったのは中国本土旅客で、18.5%増の256万9941人。個人旅客に限ると10.9%増の117万7067人。中国本土旅客が全体に占める割合は72.8%。

 その他の国・地域では、人数が多い順に香港が16.4%増の63万4426人、台湾が5.1%減の9万6675人、韓国が6.9%減の5万5372人、フィリピンが42.9%増の3万0930人、日本が4.0%増の2万1254人。

 入境ルート別では、港珠澳大橋が加わったこともあり、陸路が49.0%の大幅増となる266万2180人。陸路の内訳では、マカオ半島北部の關閘が20.5%増の183万9002人、港珠澳大橋が陸路全体の20.8%にあたる55万3026人。一方、港珠澳大橋という新たな競合ルートが現れたこともあり、海路は43.6%の大幅減となる54万4268人にとどまった。空路は14.7%増の32万3785人。

 今年1〜7月累計の訪マカオ旅客数は前年の同じ時期から20.0%増の2381万4866人。宿泊を伴う旅客は7.7%増の1120万0311人、日帰り旅客は33.6%増の1261万4555人。国・地域別では中国本土旅客が21.7%増の1688万4398人で、全体の70.9%を占めた。その他の国・地域では、人数の多い順に香港が22.1%増の432万9336人、台湾が0.9%増の63万2272人、韓国が4.6%増の50万5512人、フィリピンが45.1%増の25万5919人、日本が9.9%増の19万6322人。

 昨年通期のインバウンド旅客数は前年から9.8%増の3580万3663人で、前年に続き過去最多を更新。国・地域別で最多だったのは中国本土旅客で、前年から13.8%増の2526万0556人。中国本土旅客が全体に占める割合は70.6%だった。

 なお、マカオのカジノ監理当局DICJが8月1日に公表した資料によれば、今年7月の月次カジノ売上は前年同月から3.5%減となる244.53億マカオパタカ(日本円換算:約3228億円)、1〜7月累計では0.9%減の1739.56億マカオパタカ(約2兆2963億円)で、インバウンド旅客数増による効果は限定的だったことが伺える。

港珠澳大橋のマカオ側と香港側のイミグレーション施設と往来するシャトルバスに乗り込む乗客=2018年10月24日、港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設内(写真:GCS)

港珠澳大橋のマカオ側と香港側のイミグレーション施設と往来するシャトルバスに乗り込む乗客=2018年10月24日、港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設内(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  2.  マカオ治安警察局は4月21日、自動車の運転者と歩行者の安全を確保するため、マカオ域内の各所でキッ…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで7日間にわたって開催された「ITTF(国際卓球連盟…
  4.  マカオでは、ひと頃に比べて状況は落ち着いたものの、依然として悪質タクシーが暗躍しており、市民や観…
  5.  マカオ治安警察局の発表によれば、4月19日から同日からポルトガルとシンガポールのパスポート保有者…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun