マカオの2019年通期カジノ売上約3.9兆円…対前年3.4%減=3年ぶり前年割れ

 マカオ政府博彩監察協調局は1月1日、昨年(2019年)12月のマカオの月次カジノ売上について、前年同月から13.7%、前月から0.2%のそれぞれ減となる228.38億マカオパタカ(日本円換算:約3085億円)だったとする最新統計を公表した。

 マカオの月次カジノ売上は2014年6月から2016年7月まで26ヶ月連続で前年割れだったが、2016年8月から2018年12月まで29ヶ月連続で対前年プラスを維持。その後、2019年は1、3、4、7、8、10、11、12月がマイナス、2、5、6、9月がプラスとなっている。

 昨年通期のカジノ売上は前年から3.4%減の2924.55億マカオパタカ(約3兆9498億円)で、マイナス幅は前月終了時点から1.0ポイント拡大。3年ぶりに前年割れとなり、2年ぶりに3000億パタカの大台も下回った。

 12月のマイナス要因については、マカオ返還20周年記念式典(12月20日)に合わせた中国中央トップの来訪に絡み、中国本土からのマカオ渡航回数制限及び中国本土における新規のマカオ行き個人旅行ビザの発給停止やマカオ周辺での検問強化などの措置が講じれたこと及び香港情勢の深刻化に伴う旅客減、比較対象となる前年同月のベースが高かったことなどが挙げられる。

 ほかにも、昨年1月1日からカジノフロア内の全面禁煙化が実施され、これまでハイローラーと呼ばれる大口ギャンブラーを対象としたVIPルームは分煙だったが、同日以降は所定の喫煙ルーム内のみで喫煙が認められるかたちとなり、プレイしながら喫煙することが不可能となった。これによって、一部のギャンブラーがマカオ以外に流出した可能性があるとし、通期のカジノ売上のマイナスと因果関係を指摘する見方もある。また、マカオパタカは香港ドルを通じて米ドルと為替連動しているが、対ドルの人民元安も進んでいる。

 マカオの年間カジノ売上は21世紀に入って以降、2013年まで右肩上がりに上昇。ピークにあたる2013年の売上は3607.49億マカオパタカ(約4兆8722億円)だった。

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

【資料1】2019年のマカオの月次カジノ売上の推移(カッコ内は前年比)
・1月:249.42億マカオパタカ=約3369億円(5.0%減)
・2月:253.70億マカオパタカ=約3426億円(4.4%増)
・3月:258.40億マカオパタカ=約3490億円(0.4%減)
・4月:235.88億マカオパタカ=約3186億円(8.3%減)
・5月:259.52億マカオパタカ=約3505億円(1.8%増)
・6月:238.12億マカオパタカ=約3216億円(5.9%増)
・7月:244.53億マカオパタカ=約3303億円(3.5%減)
・8月:242.62億マカオパタカ=約3277億円(8.6%減)
・9月:220.79億マカオパタカ=約2982億円(0.6%増)
・10月:264.43億マカオパタカ=約3571億円(3.2%減)
・11月:228.77億マカオパタカ=約3090億円(8.5%減)
・12月:228.38億マカオパタカ=約3085億円(13.7%減)
>1〜12月累計:2924.55億パタカ=約3兆9498億円(3.4%減)

【資料2】2013年〜2018年のマカオの年間カジノ売上の推移(カッコ内は前年比)
・2013年:3607.49億マカオパタカ=約4兆8722億円(18.6%増)
・2014年:3515.21億マカオパタカ=約4兆7476億円(2.6%減)
・2015年:2308.40億マカオパタカ=約3兆1177億円(34.3%減)
・2016年:2232.10億マカオパタカ=約3兆0146億円(3.3%減)
・2017年:2657.43億マカオパタカ=約3兆5891億円(19.1%増)
・2018年:3028.46億マカオパタカ=約4兆0902億円(14.0%増)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月24日、今年(2024年)1〜4月のツーリズム市場に関するレビ…
  2.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は5月24日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  3.  マカオの統合型リゾート(IR)ウィンパレス運営会社は5月24日、6月7・8・14・15日に同IR…
  4.  マカオ政府公共建設局(DSOP)は5月24日、マカオLRT(新交通システム)の建設中新線「石排灣…
  5.  澳門海關(マカオ税関)では、違法な運搬活動(いわゆる運び屋行為)に対する取り締まりを継続する中、…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun