SJMコタイ進出計画、テーマパークと一体化検討

ゲーミングライセンスを持つ6社のうち、現時点で唯一政府からコタイ地区プロジェクトの認可を得ていないSJMホールディングスだが、同社の蘇樹輝CEOは今年上半期にも認可を得て年内に着工し、2016-17年の落成を目指していることを表明。申請面積は約7万平米と6社のうち最小となることから、テーマパーク「澳門主題公園渡假村」と一体化による開発計画を検討している模様。

11日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。すでにコタイ地区における開発認可を得ているサンズチャイナ、ギャラクシーエンタテインメントの両社は約40万平米、ウィンが約20万平米の敷地を有するが、SJMホールディングスの申請面積は約7万平米にとどまる。テーマパーク「澳門主題公園渡假村」はマカオドーム東側に位置し、敷地面積は約20万平米。カジノ要素を含まないファミリー向けのプロジェクトとして2年前に計画を発表しており、一部敷地については認可済み。同テーマパークはSJMホールディングスの梁安琪取締役が社長を務める。

SJMホールディングスが昨年発表した資料によると、コタイ地区プロジェクトについて、ゲーミングテーブル700台、スロットマシン1,000台、ホテル客室2,000室という申請内容を予定している。

コタイ地区、マカオドーム東側の区画(資料)—本誌撮影

コタイ地区、マカオドーム東側の区画(資料)—本誌撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府労工事務局(DSAL)は7月13日午後、同日正午頃、マカオ半島皇朝エリアにあるビルで労…
  2.  マカオ司法警察局は7月12日、青年の男性客へ賭博用途のカネを高利で貸し付けた上、返済不能に陥った…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は7月12日、今年第2四半期(2024年4〜6月)の観光物価指数が前年…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  きょう(7月12日)、マカオ半島歴史市街地区の世界遺産・セナド広場前にあるリッツビルにマカオの観…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun