IMF、2022年マカオの経済成長率を15%と予測…2023年は23%、カジノライセンス再入札関連投資増などで

 マカオ金融管理局は1月25日、国際通貨基金(IMF)の専門家代表団による対マカオ4条協議が1月10日から21日にかけてオンライン形式で実施され、マカオ特別行政区の経済金融状況に関する初歩総括がまとまったと発表。

 IMFは初歩総括の中で、今年(2022年)のマカオの経済成長率を15%と予測。カジノライセンス再入札関連増、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオグレーターベイエリア)の融合が一層進むことを理由に2023年の成長率予測を23%とし、中期内に長期潜在成長率水準である3.5%へ向けて徐々に回復するとの見通しを示した。また、コロナ禍でマカオ経済が受けたダメージの大きさから、マカオのGDP(域内総生産)がコロナ前水準を上回るのは2025年になる見込み。

 リスクについても言及している。

 マカオの経済回復は安全にインバウンド旅客の再開を図れるかにかかっているとし、新型コロナワクチン接種率のさらなる向上が不可欠であるとした。

 また、マカオ政府が2022年度(1〜12月期)予算に財政引き締め策を盛り込んだことについて、巨大なGDPギャップと下振れリスクが依然存在することを考慮すると、時期尚早であると指摘。財政余力が十分にあることから、中立的な財政スタンスでノンゲーミング経済活動をよりよくサポートすることで、コロナ禍による潜在経済成長に対する長期的影響を緩和できるとした。

 金融政策についても、金融システムの脆弱性を低減、経済回復支援のため、家計債務リスクの監視、倒産、債務処理、再編の枠組みを強化する必要があると指摘。中国本土における不動産セクターへの圧力が続く中、規制面で中国本土との密接な協力を図ることがリスク最小化につながるとした。

 4条協議とは、IMF協定第4条に基づき実施される加盟国・地域の経済政策に関する包括的なコンサルテーションのこと。後日、IMFから今回の協議の内容を反映した詳細レポートが発出される予定。

マカオ歴史市街地区にあるモンテの砦から望む町並み(資料)=2020年4月本紙撮影

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ政府経済財政庁の李偉農長官は12月5日、マカオ立法会の本会議に出席し、昨年度(2022年度…
  2.  マカオ政府身分証明局(DSI)は12月5日、同月15日から安全性の向上と電子政務への対応を図った…
  3.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空は、2016年3月に福岡路線に就航して以来、週4便の直行便運…
  4.  大航海時代以来、東洋と西洋を結ぶ貿易港として栄えたマカオ。東西文化がミックスしたエキゾチックな町…
  5.  OECD(経済協力開発機構)は12月5日、世界81の国・経済体の15歳、約69万人を対象として2…

ピックアップ記事

  1.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  2.  12月3日午後4時頃、マカオタワーでバンジージャンプを終えたばかりの日本人男性(56)が息切れの…
  3.  マカオでは、2019年12月に初の軌道系大量輸送機関として新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌…
  4.  マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典「マカオグランプリ」。1954年にスタートした歴…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年12月号
(vol.126)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun