ゼロコロナ達成のマカオで市中感染リスク再浮上…全市民対象迅速抗原検査2日連続実施へ

 マカオでは、6月中旬から市中でオミクロンBA.5の流行が続いていたが、準ロックダウンや高頻度の全市民対象PCR検査の実施など極めて厳格な防疫措置が講じられたことが奏功し、8月1日までに一般市中におけるゼロコロナ状態を達成したばかり。

 ゼロコロナ状態の達成を受けて防疫措置は段階的に緩和されたが、今日(8月7日)いっぱいまでを最終フェーズの「安定期」としてリバウンドに対する警戒を維持し、明日(8日)から6月中旬以前の防疫措置である「常態化防疫」段階に復帰する予定となっている。

 安定期の最終日となる7日午後、マカオ政府が臨時会見を開き、(マカオと陸で接する広東省の)珠海市当局から、同市でPCR検査を通じて陽性が判明した患者1人につき、近日マカオとの間を往来していたとする通報が寄せられたことを明らかにした。

 これを受けて、患者のマカオの住居が局地ロックダウンの対象とされたほか、勤務先(タイパ島にあるスーパー「グランドマート」内のベーカリーショップ)や立ち寄り先(マカオ半島北部の關閘地区にあるモール「關閘広場」)が相次いで封鎖された。

 また、患者の勤務先周辺の広い範囲を重点エリアに設定し、エリア内の全員に対して7日中にPCR検査を受けること、またマカオに滞在する全員に対して7日(重点エリア内の人はPCR検査前)、8日に2日連続で迅速抗原検査をセルフ実施し、結果をオンライン報告することを必須とすることが発表された。

 マカオ政府は、会見時点で把握している情報ベースでは8日から常態化防疫段階へ移行する予定に変更はないが、今後の検査結果をみてリスク評価を行うとし、なんらかの動きがある場合には即時プレスリリースを発出するとした。

 珠海側でも、7日午後6時からマカオからの入境者に対してイミグレーション内の指定場所で自費での検査を受けることを求める措置が講じられたとのこと。

 マカオから珠海への陸路ルートでは、8月3日午後6時から約1ヶ月半ぶりに隔離検疫免除での通関が再開したばかりで、隔離検疫免除条件として、24時間以内のPCR検査陰性証明の提示、ウィーチャットの「健康珠海」ミニアプリを通じた申請、珠海入境後に3日以内に2回のPCR検査を受検することとされていた。

 なお、患者は8月4日以前にマカオで十数回PCR検査を受検していたが、結果はすべて陰性だったとのこと。8月4日まではマカオのマンションを拠点に出勤していたが、5日、6日の両日にかけて、マカオと珠海の間を複数回往来していたという。

マカオと中国広東省との主要な陸路の玄関口となる關閘イミグレーション(資料)―本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  澳門海關(マカオ税関)は6月20日、同月19日にマカオ半島北部・祐漢エリア所在の工業ビル内に開設…
  2.  マカオ司法警察局は6月20日、マカオで高齢者の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案3件に関与…
  3.  マカオ政府統計・センサス局が6月21日に公表した資料によれば、今年(2024年)5月の総合消費者…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  マカオ政府統計・センサス局(DSEC)は6月21日、今年(2024年)5月及び1~5月累計の訪マ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun