SJMが5%の賃上げへ

2014年に入り、政府による5,000人の公務員増員計画の情報などが交錯し、マカオでは人材難がより一層複雑な問題となっている。そんな中、インターネット上にグランドリスボアなどを傘下に持つゲーミング業大手のSJM社が六大カジノ企業の先陣を切って5%の賃上げと生活補助の支給を実施するとの情報が流出。カジノ労連(幸運博彩業職工総会)の梁孫旭副理事長によると、組合員に確認したところ事実と判明したとし、他のカジノ企業も追随するのではないかとの考えを示した。

1月2日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。現在、マカオでゲーミング産業に従事する人数は約5万5千人で、2016年以降の新カジノ開業ラッシュを前に、その数は増加の一途という。マカオ最大の職種であることから、ゲーミング業従業員の報酬の変化が人材市場に与える影響は大きいとされる。2013年のマカオのゲーミング業はたいへん好調で、年間ゲーミング売上は3500億パタカを突破するとみられる。六大カジノ企業の先陣を切って、SJMが2013年の大晦日に従業員に対して賃上げを発表したというが、依然として公式発表はない。一部従業員がインターネット上にアップした文書によると、賃上げ幅は月額報酬の5%で、1月1日からの実施とのこと。また、給与水準別に二種類の生活補助の支給もあるという。

労連関係者は他のカジノ企業も追随するだろうとしている。また、賃上げだけではなく、年金積立拠出金の拡大など、利益の従業員への還元を図るよう求めている。

SJMグループの旗艦施設グランドリスボアとホテルリスボア(資料写真)=マカオ—本紙撮影

SJMグループの旗艦施設グランドリスボアとホテルリスボア(資料写真)=マカオ—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ保安庁は2月29日に会見を開き、昨年(2023年)の犯罪統計及び法執行状況に関する総括レビ…
  2.  マカオ政府衛生局(SSM)は2月28日、公立総合病院の仁伯爵綜合醫院(通称:山頂醫院)からクロイ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオ政府とカジノ運営コンセッションを結ぶ6陣営の一角、ギャラクシーエンターテイメントグループ(…
  5.  マカオ金融管理局は2月23日、昨年(2023年)のマカオ特別行政区の財政準備運用状況を公表。 …

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun