香港上場のマカオカジノ運営6社中4社が黒字転換…2023年中期業績

 香港証券取引所に上場するマカオのカジノ運営6社(証券コード順にギャラクシーエンターテイメント社、メルコインターナショナル社、SJMホールディングス社、ウィンマカオ社、サンズチャイナ社、MGMチャイナ社)の今年中期(2023年1〜6月期)の監査前業績が前月(8月)にかけて出揃った。

 各社の発表内容を総合すると、6社合計の純収入は821.82億香港ドル(日本円換算:約1兆5465億円)、純利益は31.815億パタカ(約599億円)となった。

 6社のうちギャラクシーエンターテイメント社、サンズチャイナ社、ウィンマカオ社、MGMチャイナ社の4社が黒字転換した一方、SJMホールディングス社とメルコインターナショナル社の2社については依然として赤字に。

 マカオは今年1月8日にウィズコロナへ完全移行し、水際措置の大幅緩和が進んだことを背景に、社会、経済の正常化が進んでおり、カジノ業界も回復が続いている状況。今年上半期のマカオの総カジノ売上は801.36億パタカ(約1兆4615億円)で、コロナ前2019年同時期の53.6%に相当。カジノ運営企業の業績に注目が集まっていた。

 なお、6社のうち利益が最大だったのはギャラクシーエンターテイメント社で、約29億香港ドル(約546億円)。2019年同時期の43.2%相当だった。純収入が最大だったのはサンズチャイナ社で、約226.9億香港ドル(約4270億円)。赤字だったSJMホールディングス社とメルコインターナショナル社の2社についても、2019年同期比の純収入の回復度はそれぞれ54.83%、58.2%で、総カジノ売上(53.6%)を上回った。

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2020年7月本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は7月18日、知人の男性から投資名目で預かった資金を詐取したとして30代の中国人…
  2.  マカオ治安警察局は7月18日、コタイ地区の統合型リゾート(IR)併設モール内にある衣料品店の試着…
  3.  マカオ治安警察局は7月18日、店舗のレジで行列に並んでいた2人の女性に対し、後方から下半身を押し…
  4.  香港とマカオの間では、従来から両地の通関施設において双方の永久性居民身分証(永住権保有者用IDカ…
  5.  マカオ国際空港運営会社にあたるCAMは7月19日、同日午前4時35分(現地時間、以下同)に離陸中…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun