【オフィシャルレポート】高嶺のなでしこ 初の海外公演!『CONTEMPO:マカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバル』のトップバッターを飾る

着物をまとった特別なパフォーマンスも!アイドル文化をアジアに向けてアピール

株式会社TWIN PLANETプレスリリースより

クリエイターユニットHoneyWorksがサウンドプロデュースを務め、2月21日(水)にメジャーデビューを控える10人組アイドルグループ・高嶺のなでしこが、2月1日(木)よりマカオで開催している『CONTEMPO Vol. 1 MACAO JAPAN SPRING FESTIVAL(コンテンポ マカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバル)』の初日に出演し、初の海外パフォーマンスを実施いたしました。

『CONTEMPO Vol.1 MACAO JAPAN SPRING FESTIVAL』は2月1日(木)から3月30日(土)まで開催される、日本の伝統文化とマカオの最先端カルチャーが融合した、日本とマカオの文化の架け橋となる大規模複合イベント。
そのイベントのトップバッターを飾る大役に、「大和撫子のような日本女性の清楚な美しさとかわいらしさ」をコンセプトに掲げ、2022年の結成以来HoneyWorksプロデュースのもと、日本の“カワイイ”ポップカルチャーを象徴する楽曲をリリースしてきた高嶺のなでしこが選ばれました。

会場となったザ・ロンドナー・シアターで恒例のOvertureが流れてライブが始まると、10人のメンバーがまとう着物に1人ずつスポットが当たっていく― 10人それぞれ異なる模様でデザインもさまざま。
靴やアクセサリーも十人十色の着物で披露する「初恋のひと。」「ユメムスビ」で、楽曲にも新しい印象を与え、日本文化をPRするスプリングフェスティバルにもぴったりの幕開きとなりました。

さらに松本ももな・橋本桃呼・日向端ひなによる「世界は恋に落ちている」でじっくりとみずみずしいバラードのハーモニーを響かせ、続いて紺と白に赤をあしらったメジャーデビュー衣装に着替えた葉月紗蘭が「今好きになる。」を歌い上げました。

MCでは英語で挨拶と自身のニックネームをアピールすると、涼海すうが「When I say “TAKANEKO”, you say“DAISUKI”!」と客席を煽って、ファンからの「DAISUKI!」のレスポンスとともに全員で「美しく生きろ」のパフォーマンスへ。
バックのスクリーンに映し出されるMVの映像とメンバーがオーバーラップする演出で一体感が高まり、「革命の女王」「誇り高きアイドル」「乙女どもよ。」とライブシーンでも定番の人気曲を披露しました。

昨年TikTokを席巻した「可愛くてごめん」の披露ではコール&レスポンスも盛り上がり、可愛さをアピール。
「すきっちゅーの!」では橋本桃呼が「Everybody, 我愛你!Let’s dance together!」と中国語を交えた煽りで盛り上げました。

ポップな「月曜日の憂鬱」からMCを挟んで「いつか私がママになったら」、HoneyWorksらしい清新なサウンドにのせた正統派青春ソングの「女の子は強い」「僕は君になれない」を披露し、「決戦スピリット」では大サビで客席と一緒になっての「Wow Wow…」のコール&レスポンスを行い、ボルテージは最高潮に達してライブ本編は一旦終了。

アンコールの声に応えて登場したメンバーは、「美しく生きろ」との両A面シングルの「恋を知った世界」を披露し、MCで星谷美来はさまざまな国のファンの方とライブを楽しめた喜びを英語で伝えました。
「ファンサ」ではクラップと息の合ったコールで、メンバー・ファンとも最後までライブの高揚感を楽しみ、そして現地の観客にも日本でのメジャーデビューのニュースをPRし、全員で「我愛你!」と愛にあふれたメッセージを送って初の海外ライブを完遂いたしました。

高嶺のなでしこは、このマカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバルの開催期間中に、3月23日(土)・24日(日)にもマカオでパフォーマンスを行います。キュートで芯の強い、日本の正統派アイドルを目指す彼女たちにとって、アイドル文化をパフォーマンスでアピールできたこのライブは、メジャーデビューに向けてのさらなる弾みとなりました。

(Photo by LS STUDIO 八木ジン @jinnjinny / Text by 大宮高史)

セットリスト

  1. 【overture】We are TAKANE NO NADESHIKO
  2. 初恋のひと。
  3. ユメムスビ
  4. 世界は恋に落ちている
  5. 今好きになる。
  6. 美しく生きろ
  7. 革命の女王
  8. 誇り高きアイドル
  9. 乙女どもよ。
  10. 可愛くてごめん
  11. すきっちゅーの!
  12. 月曜日の憂鬱
  13. いつか私がママになったら
  14. 女の子は強い
  15. 僕は君になれない
  16. 決戦スピリット
  17. 恋を知った世界
  18. ファンサ

高嶺のなでしこ プロフィール

『JDOL AUDITION supported by TIF』の最終合格者7名と、2022年5月31日に活動を終了した「ラストアイドル」の元メンバー3名(橋本桃呼・松本ももな・籾山ひめり)、計10名によって2022年8月に結成。サウンドプロデュースはクリエイターユニットHoneyWorksが担当。

高嶺の花のように多くの人から憧れられ手に入れることのできない、そして大和撫子のように日本女性の清楚な美しさとかわいらしさをもった、誇り高きアイドルグループを目指す。

2022年11月には、HoneyWorks「可愛くてごめん」の公式カバーMVをYouTubeに公開し、1,310万回再生を突破。数多くのオリジナル曲もリリースし、TikTokの総再生回数は1.5億回を超える。ツインプラネット所属。

※2024年2月現在

・オフィシャルホームページ
https://takanenonadeshiko.jp/
・オフィシャルショップ
https://takanenonadeshiko-ec.com/
・オフィシャルX
https://twitter.com/takanenofficial
・オフィシャルYouTube
https://www.youtube.com/channel/UCoR4zZDvWvUIqgEWz4HS-sA
・オフィシャルTikTok
https://www.tiktok.com/@takanenofficial?_t=8W6wRnOOQkM&_r=1
・オフィシャルInstagram
https://instagram.com/takanenofficial?igshid=YmMyMTA2M2Y=
・オフィシャルDiscord
https://discord.com/invite/JE
・ビクターエンタテインメント
https://www.jvcmusic.co.jp/takanenonadeshiko/

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  3.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…
  4.  マカオ治安警察局は6月18日、いわゆる車上荒らしをしたとして40代の中国人(中国本土居民)の男を…
  5.  マカオ半島中区に位置する統合型リゾート(IR)グランドリスボアマカオを運営するSJMリゾーツ社は…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun