マカオに行ったら泊まりたい 人気カジノホテルtop5

今はラスベガスを抜いて世界一のカジノ売上高となったマカオ。そんなマカオには30軒以上のカジノが営業しており、日本国内では決して味わえない非日常的な時間を過ごせます。

今回は、マカオに行ったら泊まりたい人気カジノホテルTOP5をピックアップしてみました。もちろん宿泊せずにカジノだけの出入りも問題ありません。

<PR>

そしてオンラインカジノが合法の国に居住されている人に朗報!マカオへ渡航する前に、オンラインカジノの入金不要ボーナスを使ってカジノの練習をしてみてはいかがですか?入金不要ボーナスは新規登録だけでもらえ、もちろん勝利金の出金も可能です。

それでは早速マカオの人気カジノホテルTOP5をご紹介します。

ザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテル

ザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテルは世界最大級の総合リゾートホテルで、約3,000室の客室は全て70平米以上のスイートルーム仕様です。

客室のリビングエリアからはコタイ地区の美しい景色が一望でき、光輝くビル群の夜景は必見です。

ホテル外観やインテリアは水の都「ヴェネツィア」をモチーフにし、壮大に広がる運河をゴンドラに乗って移動することもできます。

1階にあるカジノフロアは50,000平米を超える巨大さで、バカラを中心として400台以上のテーブルゲーム、スロットなどのビデオゲームはなんと6,000台近く設置されています。宿泊しなくてもマカオに来たら絶対に足を運んでおきたいカジノホテルです。

MGMマカオ・ホテル

マカオ半島南湾のウォーターフロントにそびえ立ち、客室からの眺めは最高です。天井が高く広々とした客室も非常に評判がよく、最も安価な部屋でもスイートルーム並みの豪華さです。

施設内にはフィットネスジムやスパ、プールの他、高級ブランドショップも勢揃いしています。

MGMマカオ・ホテルは、ラスベガスにあるホテルチェーン「MGMミラージュ」のマカオ進出で創設されたカジノホテルで、金・銀・銅の箱を積み重ねて建てられたような奇抜な外観が特徴的です。

そしてカジノはラスベガスの雰囲気をそのまま演出し、エントランスではMGMが手掛けるホテルではお馴染みの黄金のライオンが出迎えてくれます。

テーブルゲームは400台以上、スロットは1,000台以上と、多種多彩なカジノゲームを楽しめます。

グランド・リスボア・ホテル

グランド・リスボア・ホテルは、香港・マカオの実業家でありマカオのカジノ王とも呼ばれた故スタンレー・ホー氏が手掛けた歴史のある高級ホテルです。

マカオで最も有名なホテルと言っても過言ではなく、金色に輝く連の花をイメージした斬新な外観は、これぞカジノ王!っと拍手を送りたくなる豪華さです。

エントランスやロビー、廊下など、ホテル全体が金銀・水晶のきらめく装飾品とアンティーク品で飾られており、ただ普通にホテル内を歩くだけでも飽きることなく楽しめます。

そしてホテルすぐ横にあるカジノ「グランド・リスボア・マカオ」には、全4階に渡った広々としたカジノフロアに、バカラやブラックジャックなどのテーブルゲーム約230台、スロット約740台が置かれています。

サンズマカオホテル

サンズマカオホテルは、ラスベガスサンズ系列が手掛ける総合型リゾート施設で、客室は300室と決して多くはありませんが、全ての部屋が豪華なスイートルームです。

場所は数多くのカジノホテルが立ち並ぶマカオ半島で、周囲には様々なショッピング施設や観光地、レストランがあり、観光客で賑わうビーチへも徒歩圏内です。

フェリーターミナルからも近いので、香港からサクッとカジノで遊びたい時にもおすすめです。

カジノフロアは広々とした空間に所狭しとテーブルゲームが並び、その光景は圧巻です。ただしミニマムレートが日本円で4,000~7,000円と高額なので、カジノ初心者は注意しましょう。

ウィン・マカオ・ホテル

ウィン・マカオ・ホテルは、ウィン・リゾーツ社が2006年に創業した高級ホテルで、マカオ市内のほぼ中心部に位置するため、観光地やショッピング施設へのアクセス性は最高です。

本場ラスベガスのホテルをイメージして作られた堂々とした外観は圧巻で、敷地内では15分間隔で3分間の噴水ショーが行われます。音と光、そして火を使った噴水ショーは、ウィン・マカオ・ホテルに宿泊せずとも、マカオに来たら絶対に見ておきたいエンターテインメントです。

客室はほぼスイートルームのような豪華さで、最上級のアメニティとブランド物の寝具が使えます。ただし噴水ショーが見える部屋と見えない部屋があるので、予約する際には確認しておきましょう。

ゴージャスという言葉しか出てこないカジノフロアには、テーブルゲーム約500台、スロット約850台が置かれ、広さはマカオトップクラスです。

<PR>提供:カジノトップ5

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月24日、今年(2024年)1〜4月のツーリズム市場に関するレビ…
  2.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は5月24日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  3.  マカオの統合型リゾート(IR)ウィンパレス運営会社は5月24日、6月7・8・14・15日に同IR…
  4.  マカオ政府公共建設局(DSOP)は5月24日、マカオLRT(新交通システム)の建設中新線「石排灣…
  5.  澳門海關(マカオ税関)では、違法な運搬活動(いわゆる運び屋行為)に対する取り締まりを継続する中、…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun