16年旧正月開業、観光名所化目指す―ウィンパレス

ウィンマカオがコタイ地区で開発を進めるウィンパレスの建設工事が本格化する中、米ウィンリゾーツのスティーブ・ウィン会長は開業時期を2016年旧正月に予定し、施設そのものを観光名所化したい意向を語った。

4月2日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。スティーブ・ウィン会長は同紙とのインタビューの中で、ウィンパレスがマカオで最も優雅かつ人気のホテルになるとし、広い客室、レストラン、ショッピング、エンタテインメントといったノンゲーミング要素が多くの旅客を引き寄せ、就業機会の拡大とより多くの納税でマカオ政府に貢献できるとした。

ウィンパレスについては、観光客だけでなく市民も楽しめる施設にするとしている。ウィンマカオでも人気のアトラクション、パフォーマンス・レイクをコタイにも導入し、湖の周囲にトラムを走らせるなどする計画もあるという。

また、各社のコタイ地区大型リゾートを次々開業する中での政府によるゲーミングテーブル数制限策については、カジノ企業間による過度な競争を避けるものとして肯定的な見方を示した。

ウィンリゾーツ社のスティーブ・ウィン会長(写真提供:Wynn Resorts)

ウィンリゾーツ社のスティーブ・ウィン会長(写真提供:Wynn Resorts)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ金融管理局は7月15日、今年(2024年)6月末のマカオ特別行政区の外貨準備高(外匯儲備資…
  2.  マカオ半島新口岸地区にあるニューオリエントランドマークホテル(新東方置地酒店)のボールルームで7…
  3.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  4.  香港では、きょう(7月14日)午前0時からタクシー運賃が値上げとなった。値上げは2022年7月以…
  5.  マカオ市政署(IAM)は7月10日、コロアン島にある石排灣郊野公園で飼育・展示してきたキタホオジ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun