LCCがマカオの経済多元化へ寄与ーマカオ国際空港運営会社会長

マカオ民航学会主催の「マカオにおけるLCCの発展及びマカオ経済への貢献」と題した座談会が9月8日にマカオ科学館で開催され、80名近い航空、旅行業界関係者が出席。アジア太平洋地区におけるLCC(格安航空会社)の急成長、マカオにおけるLCCの営業状況、LCCがマカオ経済の促進及び将来の発展にどのように寄与するかなどが討議された。

9月9日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。マカオ民航学会会長でマカオ国際空港運営会社会長の鄧軍氏は座談会の中で、マカオにおけるLCCの成長スピードは非常に速く、旅客数も上昇を続けていると語った。現在、マカオ国際空港には20の航空会社が乗り入れ、35都市との間を結んでおり、このうち8社がLCCに属するという。今年1〜8月の間に8社のLCCがマカオに輸送した旅客数は103万人に上り、総旅客輸送量の28%にも達しているとのこと。マカオ経済が引き続き良好な状況にあることから、アジアの周辺地区のLCC会社が次々とマカオへの就航を検討するに至り、これがマカオの国際旅客の増、マカオ経済の繁栄につながるものとの見方を示した。

今後、香港とマカオ・珠海を結ぶ港珠澳大橋の開通によりマカオと香港国際空港の間が約30分の距離となることから、マカオ国際空港は圧倒的に広い就航都市ネットワークを持つ香港国際空港との熾烈な競争に晒される見通し。一方、香港国際空港は発着枠が限界に近づいていることもあり、マカオ国際空港はLCCの誘致などで独自色を出していく方向ともいわれている。マカオ周辺の珠江デルタ地区には香港のほかにも、深圳、珠海、広州に空港があり、空港激戦区となっている。

マカオ国際空港(資料)=マカオ・タイパ島―本紙撮影

マカオ国際空港(資料)=マカオ・タイパ島―本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局では、マカオの地域コミュニティの治安環境の浄化による市民と旅客の安全を確保するた…
  2.  マカオの出入境管理を担当する治安警察局は6月22日、SNS等を通じて非居民のマカオ入境時の旅券有…
  3.  澳門海關(マカオ税関)は6月20日、同月19日にマカオ半島北部・祐漢エリア所在の工業ビル内に開設…
  4.  マカオ司法警察局は6月20日、マカオで高齢者の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案3件に関与…
  5.  マカオ政府統計・センサス局が6月21日に公表した資料によれば、今年(2024年)5月の総合消費者…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun