マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

商店向け不動産価格7割上昇―12年

産業・経済2013/01/11 09:52

不動産仲介大手の中原地産(澳門)が10日に行った記者会見の中で、マカオの2012年の商業向け不動産取引件数は2,226件で前年比1%の微増だったが、金額ベースでは164.34億パタカで同70%上昇したと発表。

11日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。2013年の商店向け不動産価格は15%の上昇を見込み、中でも新口岸皇朝エリアやセナド広場周辺の中区で上昇顕著で、スクエアフィートあたりの取引価格は最大20%、賃料は30~40%上昇になるだろうとした。

商店向け不動産取引価格、賃料はマカオの五大商業エリア全体で上昇傾向にあるという。中でも、価格はタイパ島がスクエアあたりの平均価格が2012年に15,653パタカで前年比97%上昇、賃料は中区が同172,78パタカで、67%上昇と勢いが目立つ。

セナド広場周辺の商業区(写真はイメージ)―本紙撮影

セナド広場周辺の商業区(写真はイメージ)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2023年1月24日発刊 (2月号 vol.116」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース