マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、国慶節連休の訪マカオ旅客数1割増もカジノ売上は事前予測下回る…投資銀行大手

カジノ10/10 19:09

マカオ政府旅遊局は10月9日、国慶節及び中秋節連休8日間(10月1〜8日)の訪マカオ旅客数統計を公表。

8日間の訪マカオ旅客総数は前年の同じ時期から約10%増となる約92.1万人(延べ、以下同)、中国本土からの旅客に限ると約11%増の69.6万人に上った。

しかしながら、投資銀行大手のクレディ・スイスが連休明けに発出したレポートによれば、訪マカオ旅客数は安定的に推移したものの、カジノ売上については予想を下回ったようだ。

レポートの内容によれば、連休中のカジノ売上の上昇幅はVIPルームで約10%、マスゲーミングフロア(いわゆる平場)で約5%程度となり、1日あたりカジノ売上は事前予測の12億パタカ(日本円換算:約168億円)を下回る10〜11億パタカ(約140〜154億円)だったとのこと。連休明け以降の1日あたりカジノ売上が6.8〜6.9億パタカ(約95〜97億円)で推移した場合、10月の月次カジノ売上は事前予測を3〜6ポイント下回る対前年10〜13%増にとどまる見通し。

マカオの月次カジノ売上は2014年6月から2016年7月まで26ヶ月連続で前年割れだったが、同年8月から今年9月まで14ヶ月連続で対前年プラスを維持している。

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2017年 9月27日発刊 (10月号 vol.052」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース