マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、2017年の公共路線バス利用者数2.1億人…2年連続大台突破

産業・経済02/13 09:49

2月12日、昨年(2017年)の公共路線バスの運営状況が主要テーマとしたマカオ政府交通諮問委員会作業ミーティングが開催された。

マカオ政府交通事務局によれば、昨年の公共路線バス利用者数は過去最多となる2.1億人(延べ、以下同)で、2年連続で2億人の大台を突破。1日平均にして約58万人で、今年1月についても前年同月比で7%増だったという。

同局では、今後も公共路線バスを運営する3事業者(TRANSMAC、TCM、NEW ERAの3社)及び利用者の意見を参考にしながら、バスサービスの向上に努めるとした。具体的には、昨年、快速バスを2系統導入したことが支持されたとし、利用者数の多い路線を中心に快速バスの導入を検討するとのこと。

マカオは面積約30平方キロ、人口約65万人のコンパクトサイズの都市だが、昨年のインバウンド旅客数は約3260万人以上にも達した。目下、マカオ初の軌道系大量輸送機関となるマカオLRT(新交通システム)が建設中で、2019年頃に一部が開通予定となっている。

マカオ政府交通諮問委員会作業ミーティングの様子=2018年2月12日(写真:GCS)

マカオ政府交通諮問委員会作業ミーティングの様子=2018年2月12日(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年 1月27日発刊 (2月号 vol.056」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース