マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、インフルエンザ流行の初期ピークに突入…旧正月前後にかけて流行拡大予測

社会・政治01/08 08:31

マカオ政府衛生局(SSM)は1月7日午後に記者会見を開き、各種統計データを元に、マカオがすでにインフルエンザ流行の初期ピークに突入したと宣言した。

今後、流行が一層拡大し、旧正月(2月5日)前後にかけて最大の流行ピークを迎え、向こう2〜3ヶ月にわたって流行が持続するとの予測を示した。

SSMによれば、昨年9月から直近にかけて、マカオでは肺炎などを併発した重症患者が13人確認されており、このうち10人が予防接種を受けていなかったとのこと。現時点で入院しているのは86歳の男性と4歳の男児の2人で、いずれも未接種。4歳男児は脳炎を併発しており、100万人に4人という稀有な例とした。なお、男児の8歳の兄もインフルエンザに罹患しているが、症状は軽く、脳炎の併発もないという。

マカオ政府衛生局による記者会見の様子=2019年1月7日(写真:SSM)

マカオ政府衛生局による記者会見の様子=2019年1月7日(写真:SSM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年12月26日発刊 (1月号 vol.067」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース