マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのジャンケットプロモーター事業者数が6年連続減少…ピーク時半分以下の100に

カジノ2019/01/31 11:09

1月30日付のマカオ政府公報にカジノ監理部門にあたるDICJからジャンケットプロモーターライセンスを獲得した事業者リストの最新版が掲載された。同リストは年1回、1月末から2月頭にかけて更新されているもの。

最新版リストによる事業者数は前年から9減の100(法人が9減の90、個人事業主が横ばいの10)で、6年連続の減少。ピークだった2013年の事業者数213との比較で半分以下という状態になっている。

ジャンケットプロモーターはカジノVIPルームにギャンブラーを仲介する業務を手がける。

なお、昨年(2018年)通期のマカオのカジノ売上は前年から14.0%増の3028.46億マカオパタカ(日本円換算:約4兆0809億円)で、2年連続対前年プラス、4年ぶりに3000億マカオパタカの大台を突破したほか、VIPルームのカジノ売上を反映するVIPバカラ売上についても10.2%増の1660.97億マカオパタカ(約2兆2382億円)だった。

かつて、マカオのカジノ売上の大半をVIPルームが占めたが、近年はマス(平場)の占める割合が上昇している。昨年通期のカジノ売上に占めるVIPルームの割合は約54.7%で、前年から1.9ポイント下落。

ゲーミングチップとバカラテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

ゲーミングチップとバカラテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 1月28日発刊 (2月号 vol.068」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース