マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ政府がLRT会社設立へ…現地初の軌道系大量輸送機関として19年下半期開業予定

産業・経済2019/03/15 19:22

マカオ初となる鉄道(軌道系大量輸送機関)として大きな期待がかかるマカオLRT(澳門軽軌)第1期プロジェクト。

マカオ半島北部の關閘から外港フェリーターミナル、新口岸、南灣湖を経由して媽閣に至るマカオ半島線、媽閣から西灣大橋を経てタイパ島に入り、コタイ地区を通ってマカオ国際空港、タイパフェリーターミナルに至るタイパ線の2線、21駅、21キロメートルで構成される。

このうち、タイパ線(9.3キロ、11駅)が2012年末に先行着工済みで、一昨年(2017年)11月から続々と日本からの車両の搬入が進められており、昨年(2018年)3月末から試運転も始まっている。マカオ政府は、タイパ線の開通予定時期を今年下半期としており、目下、本番を想定した最終テストが進められている。

マカオ行政会の梁慶庭報道官は3月14日午後の記者会見を開き、マカオ政府がマカオLRT会社(澳門軽軌股份有限公司)を設立するための行政法規草案を公布した。

マカオLRT会社は全額公共資本による出資で構成するとし、資本金は14億マカオパタカ(日本円換算:約194億円)、出資割合はマカオ政府が96%、工商業発展基金が3%、科学技術発展基金が1%。LRTの建設、メンテナンス、運営のほか、関連する商業及び工業サービスも行い、公的機関または私企業との協力や協力協定の締結、その他企業への出資、合弁事業への参画も可能となる。

なお、これまでLRTプロジェクトを担当している政府運輸インフラオフィス(GIT)は、LRT会社設立後に解散予定とのこと。現在、93人いるという人員については、政府部門に残るか、LRT会社に移るかを選択できるようにするという。

マカオLRTタイパ線の馬會駅付近における試運転の様子(資料)=2018年3月(写真:GIT)

マカオLRTタイパ線の馬會駅付近における試運転の様子(資料)=2018年3月(写真:GIT)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 5月25日発刊 (6月号 vol.072」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース