マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

19年7月のマカオ対外商品貿易統計公表…コスメ・スキンケア商品の輸入大幅増続く一方で携帯電話は大幅減

産業・経済2019/08/30 11:10

 マカオ政府統計調査局は8月30日、今年(2019年)7月の商品貿易統計を公表した。

 今年7月の商品貿易輸出総額は前年同月から13.6%増の10.4億マカオパタカ(日本円換算:約136.7億円)。このうち、再輸出は16.0%増の9.2億マカオパタカ(約120.9億円)で、品目別ではコスメ・スキンケア用品とダイアモンド・ダイヤモンドネックレスがそれぞれ2.3倍、1.7倍の大幅増だった。マカオ製の商品の輸出は1.7%減の1.2億マカオパタカ(約15.8億円)で、中でも銅・銅製品が36.2%減。商品貿易輸入総額は3.2%減の72.0億マカオパタカ(約946.3億円)で、携帯電話が54.4%、建築資材が41.1%、ゴールド・ゴールド製ネックレスが22.9%のそれぞれ減だった一方、コスメティック・スキンケア用品が41.2%、食品・飲料が19.6%のそれぞれ増。同月の商品貿易赤字は61.6億マカオパタカ(約809.6億円)。

 今年1〜7月累計の商品貿易輸出総額は4.7%増の74.4億マカオパタカ(約977.8億円)、再輸出は7.5%増の66.5億マカオパタカ(約874.0億円)、マカオ製の商品の輸出は14.1%減の8.0億マカオパタカ(約105.1億円)。商品輸入総額は2.2%減の494.8億マカオパタカ(約6502.9億円)。貿易赤字は3.3%減の420.4億マカオパタカ(約5525.1億円)。

 1〜7月の主要輸出先別は、中国本土が21.7%減の9.3億マカオパタカ(約122.2億円)、香港が10.4%増の48.9億マカオパタカ(約642.6億円)、EUが0.2%増の1.2億マカオパタカ(約15.8億円)、米国が31.7%増の1.1億マカオパタカ(約14.5億円)。品目別では、非紡績商品が2.5%増の68.9億マカオパタカ(約905.4億円)で、コスメティック・スキンケア用品が3.3倍増の3.6億マカオパタカ(約47.3億円)だった一方、カジノ用品は43.5%減の1.4億マカオパタカ(約18.4億円)。紡績品及び衣類は42.7%増の5.5億マカオパタカ(約72.3億円)。

 主要輸入元については、中国本土が5.4%減の164.9億マカオパタカ(約2166.9億円)、EUが6.5%増の135.2億マカオパタカ(約1776.6億円)。品目別では、消費財が6.6%増の345.5億マカオパタカ(約4540.0億円)。このうち、コスメティック・スキンケア用品が35.9%増の34.8億マカオパタカ(約457.3億円)、靴類が23.9%増の14.9億マカオパタカ(約195.8億円)だった一方、燃料・潤滑油が横ばいの41.1億マカオパタカ(約540.1億円)、携帯電話が37.3%減の25.6億マカオパタカ(約336.4億円)、建築資材が33.2%減の8.4億マカオパタカ(約110.4億円)だった。

 今年1〜7月累計の対外商品貿易総額は前年同時期から1.4%減の569.3億マカオパタカ(約7480.8億円)。

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 8月26日発刊 (9月号 vol.075」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース