マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ国際空港の旅客数右肩上がり維持…新たに3路線新規就航=減便続く香港国際空港と対象的

産業・経済2019/11/24 18:44

 香港では、抗議活動が長期化する中、インバウンド旅客数が大幅減となり、多くの航空会社が香港路線の減便や運休といった対応を余儀なくされている状況だ。

 香港情勢を受けての訪マカオ旅客数の動向については、その大半を占める中国本土からの香港とマカオを巡るパッケージツアー客にマイナス影響が見受けられるものの、個人旅客にまでは大きく波及していない。

 近年、マカオにおける民航業界は成長を持続しており、マカオ国際空港の旅客数、就航路線数も安定して増加傾向にある。マカオ政府民航局発表資料によれば、11月下旬2から12月中旬にかけて、中国・春秋航空による瀋陽線(南昌経由)=週3往復、ベトナム航空によるハノイ線=デイリー、中国・東海航空による南通線の3路線が新規就航するほか、今年9月から運休していたエアアジアのパタヤ線も来年1月13日から週3往復で再開を予定しているとのこと。

 今年第3四半期(7〜9月)のマカオ国際空港の旅客数は前年同時期から17%増の延べ251.85万人に上った。昨今、香港情勢は深刻化が進んでいるが、マカオ国際空港を利用した訪マカオ旅客数に影響は出ていないといえる。東洋と西洋が融合したエキゾチックな街並みや独特の食文化、統合型リゾートの充実など、デスティネーションとしてのマカオの魅力が高まっていることもあり、今後もマカオ国際空港における既存路線の増便や新規就航が続くと期待される。

 空港の規模や役割が異なるため単純比較することできないが、マカオ国際空港と香港国際空港の現状は対象的といえる。

マカオ国際空港(資料)=マカオ・タイパ島―本紙撮影

マカオ国際空港(資料)=マカオ・タイパ島―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース