マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ治安警察局が大規模防犯パトロール実施…カジノ周辺と夜遊びスポットに重点

社会・政治2020/01/06 14:21

 マカオ治安警察局は1月5日、マカオ警察総局による指揮の下、警察官35人と警察犬部隊を出動させ、マカオ半島新口岸地区及びコタイ地区のカジノ施設周辺とバーやカラオケ店といった夜遊びスポットを対象とした防犯パトロールを実施したとのこと。

 不法行為の摘発と抑止によって、マカオの良好な治安環境を確保することが目的とした。

 今回、調査対象となったのは男女108人(男60人、女48人)で、このうち21人(男13人、女8人)を詳しい調査のため警察署へ移送。調査の結果、14人が違法な貨幣両替、3人が売春に関わっていたことが判明し、いずれも関係部門に身柄を引き渡したとのこと。

 前日(1月4日)には同じく警察総局の指揮下で司法警察局がコタイ地区のカジノIR(統合型リゾート)内外で一斉取締りを実施している。新年を迎えたばかりだが、中華圏では春節(旧正月)を祝う習慣が根強く残る。今年は1月25日が春節にあたり、主に中国本土から多くの旅客がマカオを訪れると予想されており、警察当局ではホリデーシーズンを前に警戒を強化して臨んでいる。

マカオ治安警察局による防犯パトロールの様子=2020年1月5日(写真:マカオ治安警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年3月26日発刊 (4月号 vol.082」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース