マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

不動産取引量減も価格上昇—12年価格上昇率世界トップ

産業・経済2013/03/26 07:25

マカオ特別行政区政府統計調査局の発表によると、昨年(2012年)の住宅売買戸数は1.6万戸(うち未完成物件4,527件)で、前年比2,205戸減少、取引総額は同26.1%減の742.3億パタカだった。しかし、住宅の実用面積平米単価は57,362パタカとなり、前年比38.4%上昇、タイパは60%近い上昇を記録。

26日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。先日、世界的調査機関が発表した「世界住宅価格指数(全球樓價指數)」によると、昨年世界55の国と地域の住宅価格の平均上昇率は4.3%で、香港23.6%でトップだった。マカオはこれをさらに上回る水準。専門家によると、マカオの住宅価格の高騰は非常に深刻で、政府によるコントロールが必要と指摘する。

統計調査局のデータに戻ると、昨年完成した住宅ユニット数は前年の1.2倍にあたる2,443戸で、うちワンルームが869戸で35.6%、3室が854個で35%を占めた。また、昨年の印紙税の納付対象となった不動産取引は25,419戸で前年比8%減、取引総額は1,009.1億パタカで32.3%増。そのうち住宅税免除期間内の新築物件が全体の37.5%にあたる9,520戸で、金額は524.2億パタカだった。

マカオでは住宅価格の急上昇により、高所得者層ですら自家用住宅の購入が困難になりつつある状況。すでに不動産価格抑制策は導入されているが、今後印紙税の増など更なる強化を求める声も多い。

タイパ島のマンション群(資料)―本紙撮影

タイパ島のマンション群(資料)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 6月24日発刊 (7月号 vol.073」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース