マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオカジノIR運営大手サンズチャイナの2Q純収入が98.1%減、約585億円の赤字に=新型コロナの影響甚大

カジノ2020/07/24 11:18

 マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社の親会社にあたるラスベガスサンズ社はマカオ時間7月23日、今年第2四半期(2020年4〜6月)の業績を発表。

 米国会計基準におけるサンズチャイナ社の 今年第2四半期の純収入は前年同月比98.1%減の4000万米ドル(日本円換算:約43億円)にとどまった。純利益は5.49億米ドル(約585億円)の赤字。なお、前年同期は5.11億米ドル(約544億円)の黒字だった。調整後プロパティEBITDAについても前年同期の7.65億米ドル(約815億円)の黒字から3.12億米ドル(約332億円)の赤字に。

 ラスベガスサンズ社の今年第2四半期の設備投資額は3.82億米ドル(約407億円)、このうちマカオにおける建設、開発、メンテナンス分が3.37億米ドル(約359億円)を占めた。

 ラスベガスサンズ社のシェルドン・アデルソン会長は行政発表にあたり、市場は新型コロナ禍からの復調の初期段階にあるとの認識を示した上、7月15日からマカオと広東省の間における水際措置が緩和された(14日間の隔離検疫の撤廃、諸条件有り)ことは、今後の広東省以外への拡大、さらには(ビザに相当する)マカオ渡航許可の発出再開につながる第一歩と前向きに捉えており、ツーリズム消費の全面的な回復に自信を持っているとした。

 なお、入境制限を含む防疫対策によるインバウンド旅客の激減によって、マカオの今年1〜6月累計のカジノ売上は前年同時期から77.4%減の337.20億マカオパタカ(約4509億円)と低迷している。

サンズチャイナのIR、手前がザ・プラザ、奥がヴェネチアンマカオ(資料)=マカオ・コタイ地区—本紙撮影

サンズチャイナのIR、手前がザ・プラザ、奥がヴェネチアンマカオ(資料)=マカオ・コタイ地区—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年7月24日発刊 (8月号 vol.086」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース