マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ沿岸に絶滅危惧種「ピンクイルカ」の死骸が漂着…今年4頭目

社会・政治2020/09/06 09:32

 9月5日午前、マカオ・コロアン島の観光名所コロアンヴィレッジにある譚公廟前の海面にイルカの死骸が漂着しているのをマカオ政府海事水務局(DSAMA)の職員が発見。同局が船を出して回収し、市政署(IAM)に通報したとのこと。

 税関から通報を受けて現場を訪れた市政署(IAM)の職員が鑑定を行った結果、中国の第一級保護動物に指定されているピンクイルカ(中華白海豚、日本語名:シナウスシロイルカ)であることが確認された。

 個体は成年のメスで、体長は約2.53メートル。発見時点ですでに皮膚が脱落していたが、目立った外傷はなく、死亡してから海流に乗って現場海域に漂着したとみられるとした。すでに腐乱が始まっているため、衛生面を考慮してマカオで火葬する予定とのこと。

 シナウスシロイルカの学名はSousa chinensis、主にインド洋から太平洋沿岸に生息している。中国では、広東省から香港、マカオにかけての珠江口が主な生息地となる。マカオ沿岸でピンクイルカの死骸が発見されるのは今回で4頭目。いずれも死亡してから海流に乗って漂着したものだった。

 昨今、都市化が進んだマカオ半島沿岸でもイルカの泳ぐ様子が確認されている。コロナ禍でマカオ周辺海域を航行する船舶が少なくなっていることとの関連も指摘されている。

 IAMでは、浅瀬に取り残されたイルカを発見した場合、速やかにIAMに通報するよう呼びかけている。

マカオ・コロアン島にある譚公廟前の海面で発見されたピンクイルカの死骸=2020年9月5日(写真:DSAMA)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース