マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

広東省・マカオから香港への帰還者に条件付きで隔離検疫免除へ…香港身分証保有者対象、11月23日から

珠江デルタ2020/11/12 09:58

 香港政府は11月11日、同月23日から広東省とマカオに滞在する香港居民(香港身分証保有者)を対象に、条件付きで香港入境後14日間の強制隔離検疫を免除する「Return2hk(回港易)」スキームを導入すると発表。

 同スキームを利用するにあたって、香港入境前14日間以上広東省またはマカオに滞在していること、香港入境前3日以内に指定医療機関で新型コロナウイルス核酸検査を受け、その陰性証明を取得するなどの条件がある。また、イミグレーション施設の混雑を避けるため、初期段階では上限枠が設けられる。1日あたり最大5000人分(深セン湾イミグレーション経由が3000人分、港珠澳大橋香港側イミグレーション経由が2000人分)で、申し込み順の事前予約制。

 今回のスキームは広東省とマカオから香港への一方通行となる。例えば、今回のスキームを利用して香港に戻った後、再びマカオへ入境する場合には、14日間の集中医学観察(隔離検疫)を受ける必要が生じる。

港珠澳大橋(資料)=2019年10月本紙撮影

港珠澳大橋(資料)=2019年10月本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年11月24日発刊 (12月号 vol.090」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース