マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの全市民対象PCR検査、検査率55%に…結果判明済みの11.5万人は全員陰性

社会・政治2021/08/05 19:14

 マカオでは約490日にわたって新型コロナ市中感染確認ゼロを維持してきたが、8月3日に域内で一家4人のデルタ株感染確認例があった。7月下旬から中国本土で拡大が続く南京空港クラスターに端を発した再流行が波及した輸入関連性症例とみられる。

 今回のケースは、一家4人が潜伏期間中及び発症後の数日にわたって市中にいたことから市中における伝播があった可能性も否定できない状況。

 マカオ政府は4日午前9時から7日午前9時までの72時間以内に全市民を対象としたPCR検査を展開。体育館や学校、さらにはIR(統合型リゾート施設)など42ヶ所に検査会場を設け、すべて24時間体制での運営。検査方法は鼻咽頭ぬぐい式となっている。

 マカオ政府新型コロナウイルス感染症対策センターが8月5日夕方の記者会見で発表した内容によれば、同日午後4時までに検査対象総数の55%に相当する37.6万人分の検体を採取し、結果が判明した11.5万人分については全数が陰性だったとのこと。

 マカオの人口密度は2万人超で、世界で最も過密な地域のひとつに数えられ、市中感染例が出現した場合のリスクが極めて高いことから、政府が全市民PCR検査のほか、局地ロックダウンなどの対応策を周到に準備してきた経緯がある。

 全市民PCR検査が実際に行われるのは今回が初めて。初日は一部の検査場で数時間待ちとなる混雑も発生したが、政府が状況に応じたマンパワーの増強を図るなどの改善を図っており、5日時点のPCR検査の検体採取能力は1時間あたり約1.5万人に上っている。

全市民に対するPCR検査を展開するため一夜にしてマカオ各所に設営された検査場のイメージ(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年1月24日発刊 (2月号 vol.104」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース