マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

サンズチャイナG、7月入場者数と客室稼働率過去最高

産業・経済2013/08/14 08:16

サンズチャイナグループ傘下のリゾートホテルが好調だ。今年(2013年)7月の入場者数は前年同月比34%増となる過去最高の560万人を記録。毎日平均ホテル客室販売数も7,500室を超え、客室稼働率もこれまでの記録を塗り替えたという。旗艦施設ヴェネチアンマカオでは5つのコンベンション及びエキシビションを開催し、入場者は12万名にも達した。

8月14日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。サンズチャイナ社のトレーシーCEOによると、7月は特にコタイ地区のコタイストリップリゾートで多くのイベントやプロモーションを実施したことが、これまでにない好業績につながったとみる。中でも7月27日にコタイアリーナで開催したボクシングイベント「フィーストオブゴールド2」の当日について、ヴェネチアンマカオ、ザ・プラザ、サンズコタイセントラルの入場者数が20万人を超え、前年同期の週末に記録した13.3万人を55%上回った。

7月は5つのエキジビションが人を呼び込んだ結果、リテール部門にも波及効果があったという。ショップスグランドカナル、ショップスコタイセントラル、ショップスアットフォーシーズンズの3つのショッピングモールについても、前年同月比67%増となる400万人が訪れたという。

ヴェネチアンマカオ(資料)―本紙撮影

ヴェネチアンマカオ(資料)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年5月25日発刊 (6月号 vol.084」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース