マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオで使い捨てプラ製ナイフ、フォーク、スプーンが輸入禁止に…2023年1月から

産業・経済2022/09/05 15:03

 近年、マカオでは官民ともに環境保護に対する取り組みを積極的に展開している。

 9月5日付のマカオ特別行政区公報に、2023年1月1日から使い捨ての非生分解性プラスチック製ナイフ、フォーク、スプーンを輸入とする行政長官令が掲載された。

 マカオ政府は非生分解性の一次性使用に供されるプラスチックの削減を段階的に進めている。2019年11月にレジ袋の提供制限(有料化)をスタート。2020年1月からは発泡スチロール製食器(弁当ボックス、カップ、コップ、皿)、2022年1月からはストロー及びマドラーの輸入と中継輸送が禁止となっている。

マカオ歴史市街地区にあるモンテの砦から望む町並み(資料)=2020年4月本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年9月27日発刊 (10月号 vol.112」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース