マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノ労連、外国人ディーラー導入阻止を訴え

社会・政治2013/10/05 13:17

マカオカジノ労連関係者一行が10月4日、マカオ政府本部に崔世安行政長官を訪れ、近日マカオ社会を揺るがしている外国人カジノディーラー導入の話題について、断固阻止の立場を直接訴え、導入禁止に関する法整備の要求を行った。行政長官は手続き等について検討すると回答したという。

10月5日付地元有力紙「澳門日報」が一面で報じた。労連関係者によると、外国人ディーラーの導入禁止のほか、カジノ業の過度な発展の抑制、従業員トレーニングの強化、地元人材の流動性向上などについて直訴したという。

マカオでは2006年に地元市民向けのディーラー養成講座が開設されたが、現在同コースは定員オーバーの状態が続いており、需要を満たしていないと指摘。ディーラー不足が叫ばれる中、ディーラーを目指す人材は実は多く存在しており、それを収容しきれていない現状があるとしている。マカオ政府は今後10年の間、毎年平均3%ずつゲーミングテーブルを増やす計画を打ち出しているが、ディーラー養成コースの拡充により、十分に人材需要を満たすことができるという。

同日、行政長官はこれまで通り、マカオ市民のみがカジノディーラー職に就くことができるという方針は不変との旨を重ねて表明し、市民に安心するよう呼びかけている。

行政長官に面会するカジノ労連関係者一行 (c) GCS

行政長官に面会するカジノ労連関係者一行 (c) GCS

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 9月25日発刊 (10月号 vol.076」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース