マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

クリスマスシーズン到来

その他2012/12/01 12:54

マカオ政府民政総署は30日、セナド広場で毎年恒例のクリスマスツリー点灯式を開催。セナド広場には大きなクリスマスツリーが設置され、夜間は広場周辺にLEDを使ったイルミネーションが点灯する。イルミネーションの点灯期間は11月末から2013年1月上旬まで。

民政総署は今年、昨年より多い69箇所にクリスマス装飾を用意。これから約1か月のクリスマスシーズン中、街路や広場、公園が美しく彩られ、街全体がクリスマスムード一色に包まれる。

2012年のクリスマスホリデーは12月24日、25日の両日で、マカオは公衆休日(パブリックホリデー)となる。マカオ特別行政区成立記念日(20日)、冬至(21日)、そして22、23日の土日を含め、マカオでは大型連休となる。

セナド広場に設置されたステージ (c) IACM 民政總署

セナド広場に設置されたステージ (c) IACM 民政總署

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース