マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオレジェンド、14年通期増収減益=VIPカジノ売上38%増

産業・経済2015/03/27 11:27

マカオフィッシャーマンズワーフやランドマークホテルを運営するマカオのレジャー大手、マカオレジェンドディベロップメント(勵駿創建)は3月26日、昨年(2014年)通期の業績発表を行った。

同社の通期売上高は前年比2.7%増の18.11億香港ドル(日本円換算:約279億円)、調整後EBITDAは4.4%減の8.42億香港ドル(130億円)、利益は6.1%減の4.78億香港ドル(約74億円)。

マカオ全体のカジノ売上が昨年6月以降前年割れを続ける中、マカオレジェンドが運営するファラオズパレスカジノとバビロンカジノのマスゲーミングテーブル及びVIPルームのゲーミングテーブルによる総売上は0.1%増の12.8億香港ドル(約197億円)と微増となった。このうち、マスゲーミングテーブル売上は4%減の10.94億香港ドル(約168億円)だったが、VIPルームテーブルの売上が38.1%の大幅増となる1.76億香港ドル(約27億円)に達したという。

マカオレジェンドディベロップメントでは、フィッシャーマンズワーフの大規模リニューアルを進めており、今年2月にプラハ・ハーバービュー・ホテルが開業したほか、別の新ホテルや恐竜体験館、パフォーマンスシアター、オープンエア型ショッピングモール及びグルメ施設、クルーズ船停泊施設などの開発を進めている。

マカオレジェンドディベロップメント社は、マカオのカジノ経営ライセンスを有する6社の一角に当たるSJM社のライセンスの下、フランチャイズ方式でファラオズパレスカジノとバビロンカジノを運営している。

マカオレジェンドディベロップメントリミテッドが運営するバビロンカジノ(資料写真)=マカオフィッシャーマンズワーフ

マカオレジェンドディベロップメントリミテッドが運営するバビロンカジノ(資料写真)=マカオフィッシャーマンズワーフ

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース