マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

社会・政治

マカオのカジノIRで違法両替に従事する「換銭党」取り締まり実施…中国人男女14人の身柄拘束

2019/02/15 16:21

マカオ司法警察局が身柄を拘束した「換銭党」の男女ら(写真:マカオ司法警察局)
昨今、マカオのカジノ施設内外において「換銭党」と呼ばれる違法な貨幣両替に従事する者が暗躍し、これにまつわる各種犯罪も頻発している。

>> 続きを読む

マカオのカジノで窃盗事件、バカラテーブル周囲で別の客のバッグから約350万円分のチップ盗んだ香港人の男逮捕

2019/02/15 10:36

ゲーミングチップとバカラテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影
マカオの面積はおよそ30平方キロ。この小さな地域に、大小合わせて40軒ものカジノ施設が軒を連ねる。

>> 続きを読む

マカオ、コロアン島のハクサビーチで赤潮発生

2019/02/14 13:58

赤潮が発生したコロアン島のハクサビーチ(写真:マカオ政府海事・水務局)
マカオ政府海事・水務局は2月14日、コロアン島南部にある「ハクサビーチ(黒沙海灘)」で赤潮の発生が確認されたと発表。

>> 続きを読む

マカオ、カジノ全面禁煙化初月となる19年1月の新禁煙法違反検挙数580件…違反場所はカジノが全体の3割超で最多

2019/02/12 10:54

大型IR(統合型リゾート)スタジオ・シティ・マカオの高規格喫煙ルームを視察するマカオ政府社会文化庁の譚俊榮長官と衛生局の李展潤局長ら(資料)=2018年11月14日(写真:GCS)
世界的な健康意識の高まりを受け、マカオでは屋内公共エリア及び公園などの大半を禁煙とする「新禁煙法(喫煙予防及びコントロール法)」が2012年元旦から施行され、市内ではマカオ政府衛生局(SSM)の法執行官(禁煙Gメン)が昼夜を問わず巡回取り締まりを行っている。

>> 続きを読む

マカオのタクシー運転手が覚せい剤使用して営業運転…乗客の通報で発覚

2019/02/12 09:59

マカオ治安警察局(資料)-本紙撮影
マカオ治安警察局が2月11日に発表した内容によれば、同月9日午後2時頃、マカオ国際空港からマカオ半島北部の祐漢エリアまでタクシーを利用した市民から運転手の男が独り言、鼻をすする、頭を揺らすといった不審な行動をしており、違法薬物を使用していたのではないかとする通報があったという。

>> 続きを読む

マカオ警察、カジノのキャッシャー担当を業務上横領容疑で逮捕…レジ締め作業中に現金抜き取る

2019/02/11 09:20

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影
マカオ半島中区にあるカジノ施設で社員による現金横領事件が発生した。

>> 続きを読む

マカオで今年3例目の輸入性はしか感染確認…患者は大型IR施設勤務のフィリピン人女性

2019/02/07 15:05

マカオの公立大型総合病院、仁伯爵綜合醫院(資料)—本紙撮影
マカオ政府衛生局(SSM)は2月6日夜、マカオで今年(2019年)3例目となる輸入性はしか感染例を確認したと発表。患者はマカオ就労ビザを持ち、コタイ地区にある大型カジノIR(統合型リゾート)シティ・オブ・ドリームズ マカオに勤務するフィリピン人女性(33)とのこと。

>> 続きを読む

マカオ警察、多客期の春節シーズン迎え悪質タクシー取り締まり強化

2019/02/06 09:36

観光客が多く集まるマカオ半島の歴史市街地区で交通整理にあたる警察官=2019年2月5日(写真:マカオ治安警察局)
近年、マカオでは一部の悪質なタクシードライバーによるぼったくりや乗車拒否が大きな社会問題となっている。消費者利益及び観光都市としてのイメージを著しく毀損する行為として警察と交通当局がパトロールを強化して臨んでいるものの、依然暗躍が続いている状況だ。

>> 続きを読む

マカオ警察が闇カジノ摘発…経営者と客ら10人逮捕=工業ビル内の一室に開設

2019/02/05 11:24

マカオ治安警察局による工業ビル内に開設された「闇カジノ」摘発の様子(写真:マカオ治安警察局)
マカオ治安警察局は2月4日、1月31日にマカオ半島北部の慕拉士大馬路にある工業ビル内の一室に開設されていた闇カジノの摘発を行い、経営者のマカオ人の男4人やディーラー役の中国本土出身の女2人、カジノディーラー2人、客の香港人の男1人と中国本土出身の女2人の計10人を逮捕したと発表。

>> 続きを読む

「爆竹や花火は指定場所のみ」マカオ警察が春節を前に法令遵守呼びかけ…違反者には最大約28万円の罰金

2019/02/04 10:15

春節シーズン中に爆竹や花火を使用できるマカオ政府指定の発破場所(資料)-本紙撮影
今年の春節(旧正月)は2月5日。中華圏の春節といえば、新年を迎えた瞬間から街のあちこちで爆竹の音が響きわたる派手な祝日といったイメージが強いが、マカオでは法律で指定場所以外での爆竹や花火の使用が禁止されている。

>> 続きを読む

1 / 14812345...102030...最後 »

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 1月28日発刊 (2月号 vol.068」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース