マカオ・リスボン直行便復活機運高まる=中国とポルトガルの往来緊密化、直近2年で2倍以上

マカオがポルトガルから中国に返還されたのは1999年のこと。現在もポルトガル語が公用語の1つとなっているほか、ポルトガルをベースにした法律、経済体系も多く残ることから、近年では中国におけるポルトガル及びポルトガル語圏諸国との窓口役として、あらためて脚光を浴びる存在となっている。

マカオの聖ヨゼフ大学がこのほど発表した研究レポートによると、中国からポルトガルの首都リスボンへ渡航した航空旅客数は、2012年の2万1596人から2014年には4万5546人にまで急増しているという。また、中華圏とポルトガルの往来が緊密化に伴い、マカオとリスボンを結ぶ直行便の就航について、十分なポテンシャルがあるとした。

マカオの空の玄関口、マカオ国際空港が開港したのは中国返還直前にあたる1995年で、その翌年から短期間ではあるがTAPポルトガル航空がリスボンとの間で国内線扱いの直行便を運航していたことがある。現在、マカオ国際空港はアジア各都市を結ぶ路線のみしか就航しておらず、マカオからポルトガルへ渡航する場合は、一旦香港へ移動し、香港国際空港から中東や欧州の都市を経由する必要がある。

開港直後のマカオ国際空港で撮影された写真。奥に見えるのがTAPポルトガル航空機(資料)(写真:マカオ観光局)

開港直後のマカオ国際空港で撮影された写真。奥に見えるのがTAPポルトガル航空機(資料)(写真:マカオ観光局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社は4月18日、今年(2024…
  2.  マカオ政府衛生局(SSM)は4月17日夜、マカオで今年(2024年)4人目となる在郷軍人病(退役…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  4.  このほどマカオのゲーミング規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した今年第1四半期(2024…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun