マカオ、カジノ無料送迎シャトルバス路線の統廃合進む=70超から59に

マカオにはカジノIR(統合型リゾート)運営各社がマカオの出入口となるボーダーゲートやフェリーターミナル、空港、市街地中心部と自社カジノ施設をダイレクトに結ぶ無料送迎シャトルバスサービスが存在し、観光客や市民が気軽に利用できる交通インフラのひとつとして機能している。

各社が自社施設への顧客囲い込みのために提供しているサービスなのだが、競争が激しい市場であること、次々と新施設が開業する中、これまで路線数、運行本数ともに増加の一途をたどってきた。

一方、マカオでは車両数の急増に伴う慢性的な交通渋滞が大きな社会問題のひとつとなっており、昨今、政府は自動車諸税の増税及び公共駐車場の値上げなどによる抑制策を相次ぎ打ち出している。また、増え続けるカジノ無料送迎シャトルバスもやり玉に上がっている。

マカオの日刊英字紙マカオビジネスデイリーが7月10日付電子版で報じた記事によれば、マカオ政府交通事務局の林衍新局長が直近のカジノ無料シャトルバスの路線数が58にまで減少したことを明らかにしたという。同局長は今年(2016年)頭、70路線超あるカジノ無料シャトルバスの路線数を年内に58まで減少させる計画を示していた。交通事務局では、今後もカジノIR運営各社とのコミュニケーションを継続し、路線数の削減及び同業間での共同運行を呼びかけていく考えとのこと。

なお、政府の呼びかけに応じるかたちで、コタイ地区で大型IR施設を運営するギャラクシーエンターテイメントグループ、メルコ・クラウン・エンターテインメント、サンズチャイナの3社は前月(6月)から「コタイコネクション」の名称でコタイ地区のIR施設を巡回する無料送迎シャトルバスの共同運行を開始している。

大型カジノIRスタジオ・シティの無料送迎シャトルバス乗降場(資料)=マカオ・コタイ地区

大型カジノIRスタジオ・シティの無料送迎シャトルバス乗降場(資料)=マカオ・コタイ地区

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府とカジノ運営コンセッションを結ぶ6陣営の一角、ギャラクシーエンターテイメントグループ(…
  2.  マカオ金融管理局は2月23日、昨年(2023年)のマカオ特別行政区の財政準備運用状況を公表。 …
  3.  マカオ政府統計調査局は2月27日、昨年第4四半期(2023年10〜12月)及び通期の小売業販売額…
  4.  マカオ政府統計調査局は2月27日、昨年第4四半期(2023年10〜12月)及び通期にマカオで開催…
  5.  マカオ政府統計調査局(DSEC)は2月27日、昨年(2023年)11月〜今年(2024年)1月期…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun