マカオ国際花火コンテストに日本代表チームが5年ぶり出場へ

マカオ政府旅遊局(MGTO)は7月7日、毎年秋の恒例イベントとなるマカオ国際花火コンテストについて、今年(2016年)の第28回大会を9月3、10、15、24日及び10月1日にマカオタワー正面海上で実施すると発表した。

マカオ国際花火コンテストは20世紀中頃にマカオで盛んだった花火及び爆竹製造業の保護と伝承を目的として1989年にスタート。通常の花火大会と異なり、国や地域を代表して出場する花火製造メーカーによる作品の美しさを競うコンペティション形式を採用しているのが特徴となる。

今大会の出場国・地域は出場順にタイ、ポルトガル、英国、スイス、日本、韓国、イタリア、カナダ、ルーマニア、中国と発表された。このうち、ルーマニアが初出場。各日2チームずつ(午後9時及び午後9時40分)の打ち上げが予定されている。

なお、日本はこれまで優勝7回、2位5回、3位2回を誇るが、日中間の政治情勢の複雑化を受けて急きょ出場を辞退した2012年の第24回大会以降、不出場が続いていた。直近の出場は2011年の第23回大会まで遡り、実に5年ぶりの復帰となる。

今大会に日本代表として出場するのは東京・府中市に本社を置く丸玉屋小勝煙火店で、同社独自の「江戸」の伝統、「東京」の革新を併せ持った「江戸・東京スタイル」の花火を出品するとのこと。打ち上げスケジュールは中秋節にあたる9月15日の午後9時。同社は1993年の第5回で優勝、2007年の第19回大会で3位という成績を残している。

第28回マカオ国際花火コンテスト開催概要説明会の様子=7月7日、マカオフォーラム(写真:MGTO)

第28回マカオ国際花火コンテスト開催概要説明会の様子=7月7日、マカオフォーラム(写真:MGTO)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  このほどマカオの公立総合大学にあたるマカオ大学(澳門大學)は、マカオのヘルスケア産業の発展に寄与…
  2.  マカオ政府統計調査局(DSEC)は2月23日、今年(2024年)1月の訪マカオ外客数(インバウン…
  3.  マカオ政府統計調査局が2月23日に公表した資料によれば、今年(2024年)1月の総合消費者物価指…
  4.  マカオ治安警察局は2月23日、マカオのタクシー車内で拾ったスマホを届け出せずに着服、転売したとし…
  5.  マカオ政府教育・青年発展局(DSEDJ)は2月23日、同日アメリカの元プロバスケットボール選手で…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun